和賀勝彦氏(カオナビ(退任済み) 執行役員,CPO/プロダクト責任者,CIO)
の経歴、学歴、キャリアパス

生まれ、学歴
1977年生 不明
略歴
職歴 カオナビ 執行役員 プロダクト本部長 / 最高技術責任者 [概要] SaaS型タレントマネジメントシステム(TMS)である"カオナビ"におけるプロダクト戦略 , データ戦略 および プロダクト開発 を統括。また会社全体の 業務改善 ( BPR ) を推進。 [管掌領域] - プロダクト戦略 : 事業提携推進, データ戦略, プロダクトデザイン, UI/UX - プロダクト開発 : アプリケーション開発 と SRE ( Site Reliability Engineering ) , データ分析 ならびに 品質管理 ( QA : Quality Assurance + SET : Software Engineer in TEST ) - 業務改革 : 会社全体 2017-03-30 - Yahoo! JAPAN [概要] データマーケティングの コンサルティング営業の先駆けとして最大手流通小売企業様の オムニチャネル事業 へ貢献。Yahoo! DMP のプロダクト開発およびデータドリブンマーケティングの?援する技術営業部を部長として組織統括、採用を含めた組織運営。2015年1月より新規事業開発および投資や提携業務を主務として従事し、マーケットインテリジェンス として市場調査およびプロトタイプ構築による事業展開検討を実施。4件の特許登録の実績あり。 2013-09-01 - 2017-02-28 D2C Senior Expert (IT Architect Unit) [概要] ビジネスアーキテクト ( BA )、 エンタープライズアーキテクト ( EA ) やシステム統括 ( 開発責任者 ) の役割を担い、各種広告事業における 新規事業戦略立案・策定、プラットフォーム戦略立案・策定、プロジェクトマネジメント、大規模トラフィック処理と信頼性を実現するアーキテクチャ設計、パートナー企業とのアライアンスおよび テクニカルデューデリジェンス、システム共通化およびプロジェクト管理や品質管理を含む ITガバナンスの策定、データ事業推進における データガバナンスの策定 と データ分析組織 ( BICC : Business Intelligence Competency Center ) の立ち上げ、知財管理など社内規定策定?援を実施。会社の軸となる事業開発、データサイエンティストやエンジニアの 採用 にも携わり、組織拡大ならびに事業拡大に貢献。 2005-05-01 - 2013-08-31 デジタル・コミュニケーション・エンジニアリング(DiCE) Project Manager 2003-08-01 - 2004-09-01 Ask Jeeves Japan Co., Ltd. Senior Systems Engineer 2002-01-01 - 2003-07-01 Lycos Japan Inc. Web Programmer 2000-09-01 - 2001-12-01 NEC Soft, Ltd. System Engineer 1999-04-01 - 2000-08-01
経歴
執行役員  大学卒業後、プログラマーとしてキャリアをスタートし、Webエンジニアやプロジェクトマネージャーを経験した後に、D2Cにて広告プラットフォームのシステム統括や広告配信プラットフォームやデータ関連事業などの提携含めた新規事業戦略に従事。その後、Yahoo! DMPでは技術営業部門統括やマーケティングのコンサルティング、提携を含む事業開発を主に担当。 2017年3月に、カオナビの事業企画や開発部門を統括するプロダクト本部長、CIOに就任し、プラットフォーム事業を推進している。2019年10月退任。
キャリアパスサマリー
参考URL1
参考URL2
参考URL3
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析