中井戸信英氏(RIZAPグループ(退職済み) 代表取締役/CEO)
の経歴、学歴、キャリアパス

生まれ、学歴
1946年生 大阪大学大学院 工学研究科 修士課程有料
略歴
1971年3月 大阪大学大学院工学研究科修士課程修了 1971年4月 住友商事株式会社入社 1973年10月 ドイツ住友商事(ヂュッセルドルフ駐在) 1992年6月 機械システム部長 1996年6月 米国住友商事(ニューヨーク、サンフランシスコ駐在) 1998年6月 取締役エレクトロニクス本部副本部長 1999年6月 取締役エレクトロニクス本部長 2002年4月 代表取締役常務情報産業事業部門長補佐、ネットワーク事業本部長eビジネス事業担当 2004年4月 代表取締役専務執行役員情報産業事業部門長 2005年4月 代表取締役副社長執行役員、経営企画、法務、グローバル地域総括、秘書部 担当役員 2009年6月 住商情報システム株式会社代表取締役会長兼社長 2011年10月 SCSK株式会社 代表取締役社長 2013年6月 SCSK株式会社 代表取締役会長 2016年4月 SCSK株式会社 取締役相談役 2016年6月 SCSK 株式会社 相談役 2018年10月 一般社団法人日本CHRO協会理事長(現職)
経歴
1971年大阪大学大学院工学研究科修士課程終了。同年住友商事株式会社入社。ドイツ住友商事に赴任後、米国住友商事にて、ニューヨーク、サンフランシスコに駐在。1999年、住友商事取締役エレクトロニクス本部長に就任。2002年に代表取締役常務、2005年には代表取締役副社長執行役員に就任。2009年に、住商情報システム株式会社代表取締役会長兼社長に就任後、2011年SCSK株式会社代表取締役社長、2012年同社代表取締役会長に就任。現在、日本CHRO協会理事長として日本企業の人材を人財に変える「人づくり」に従事している。
キャリアパスサマリー
参考URL1
参考URL3
参考URL4
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析