宮下修氏(ジェイ・フェニックス・リサーチ 代表取締役/CEO)
の経歴、学歴、キャリアパス

生まれ、学歴
年生 早稲田大学 政治経済学部 卒業
略歴
1989年 野村総合研究所入社。経済調査部、資本市場調査部にて資本市場規制、金融機関戦略、金融イノベーション等の調査に従事 1993年 社内留学生としてシティー大学(ロンドン)ビジネススクールにてMBA(ファイナンス専攻)取得 1994年 社内留学生としてドイツ・コンスタンツ大学経済統計学部にて修士号取得(Lizentiat) 1995年 野村総合研究所証券調査本部にてグローバルアセットアロケーション戦略の構築に従事 1996年 野村総合研究所企業財務調査室にて野村證券の事業法人顧客に対して財務アドバイザリー業務に従事 1999年 スターンスチュワート東京支店入社。日本人初のEVAコンサルタントとして、EVA(経済付加価値)経営システム導入プロジェクトに従事 2001年 メリルリンチ証券会社入社。投資銀行部門にて、M&A、株式引受、財務アドバイザリー業務、格付けアドバイス、IRコンサルティング業務等に従事 2004年 AIGコーポレート・ソリューションズ゙・インクに入社。証券訴訟および、M&Aに起因するリスクに対するリスクマネジメント商品の開発、マーケティングに従事 2005年 取締役パートナーとしてジェイフェニックスリサーチ入社。 2009年ジェイフェニックスリサーチ 代表取締役に就任
経歴
野村総合研究所入社(1989年)。大手企業向け財務アドバイザーリー業務に従事した。 スタンスチュワートにおいて日本人初のEVA®コンサルタントとして、花王にEVA®経営システムの導入を行った。 その後、メリルリンチ証券等で投資銀行業務を経た後、2005年よりジェイ・フェニックス・リサーチに参画した。 株主価値の理論に基づく体系的なアドバイスで多数の上場企業(サンリオ、RIZAP、KITO、ADワークス、Mipox等)の時価総額の拡大に貢献した。 2009年より代表取締役。2013-2016年UTグループの上席執行役員兼務し、中期経営計画の策定と実行を支援し株価を4倍に引上げる。
キャリアパスサマリー
参考URL3
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析