「慶應義塾大学出身」のキャリアパス分析

  
検索結果:234 件

慶應義塾大学出身の社長,起業家,経営者,CxOをまとめました

キャリアパス事例

岡林輝明 氏 XTech 執行役員
略歴
情報なし
経歴
慶應義塾大学文学部を卒業後、2013年に株式会社キーエンスへ入社。法人向けコンサルティング営業に従事。その後、2015年10月にQrio株式会社へ転職。B2B向けSaaSサービスの事業責任者を務める。2019年4月にXTech入社。クロスマート株式会社の執行役員に就任し、取締役の寺田と共に立ち上げを担当。 また、寿司職人である弟と高級出張寿司ブランド「SUSHI+」の立ち上げにも携わる。
大塩啓行 氏 サーバーワークス 取締役
略歴
1971年 山口県生まれ 1995年 神戸大学経済学部 卒業 2004年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 中退 丸紅株式会社入社後、ITを活用した営業部門・グループ会社の業務プロセスの合理化、インターネットを活用した商社機能の企画、導入支援に携わる 2001年ソフトウェア開発ベンチャーの立ち上げに参画し、海外子会社Senior Vice President、マーケティング部長に就任 2003年起業・独立し、映像圧縮技術のR&Dに約10年間従事 2013年10月サーバーワークスに入社し、事業開発部長、シェアードサービス本部長に就任 2014年8月当社取締役就任
経歴
佐々木紀彦 氏 NewsPicks 取締役,CCO/コンテンツ責任者
略歴
取締役 新規事業担当
経歴
1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。リニューアルから4カ月で5301万ページビューを記録し、同サイトをビジネス誌系サイトNo.1に導く。著書に『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』『日本3.0 2020年の人生戦略』がある。 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年に休職し、スタンフォード大学大学院で修士業取得。2009年に復職し、『週刊東洋経済』編集部に所属。2012年「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年株式会社ニューズピックス取締役に就任。2018年、編集長を退任し、最高コンテンツ責任者(CCO)に。
王子田克樹 氏 NewsPicks 執行役員
略歴
執行役員 CRO (Chief Revenue Officer)
経歴
三菱総研でインターネットの社会・経済インパクトを研究。 ネットコンサルのScientでグローバル企業のサイト群の再構築やブランディング事業を確立。 2008年からGoogleの広告事業を牽引。Twitterでは広告事業、日本での成長戦略策定、コンテンツ事業開発等に従事。 (株)三菱総合研究所を経て、2000年米国のWebコンサルティング会社Scientの日本法人立ち上げに参画。 その後同社のMBOを行い副社長。 2008年Google入社、日本法人執行役員。 現在はTwitter Japan広告営業担当執行役員。オンラインセールス本部長。
木野下有市 氏 NewsPicks Studios COO/副社長
略歴
COO
経歴
1980年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、三菱商事を経て電通に入社。2008年より米国映画協会(AFI)の奨学金を受け、同協会の教育機関であるAFI Conservatoryにて映像プロデュースを専攻し芸術学修士を取得。電通本社に戻り映像コンテンツの企画や投資に従事した後、2014年よりDentsu Entertainment USA, Inc. CEOを務める。
二井矢祥 氏 エボラブルアジア 執行役員,CSO/戦略責任者
略歴
2009年 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社入社。 2015年 アクセンチュア株式会社入社。 2019年5月 当社執行役員CSO就任。
経歴
二井矢氏は、デロイトトーマツコンサルティング、アクセンチュアにて、戦略コンサルタントとして、日本を代表する企業の経営層が抱える経営上の課題解決や各種プロジェクト推進に従事して参りました。アクセンチュアでは、Strategy(戦略コンサルティング本部)のPrincipal Director(統括責任者)を務めておりました。 特にデジタル・テクノロジー×事業戦略というテーマに強みを持ち、数多くの大規模プロジェクトの責任者としての実績を有しております。
豊田裕文 氏 エボラブルアジア 執行役員
略歴
2011年 公認会計士試験合格。 2012年 有限責任監査法人トーマツ入社。 2016年5月 当社入社。 2016年11月 当社管理部GM(現:部長)就任(現任)。 2018年1月 当社投資事業部(現:企業戦略部)部長 就任(現任)。 2018年7月 エアトリ社経営企画本部 総務人事部部長 就任(現任)。 2018年10月 エアトリ社経営企画本部 経理部部長 就任(現任)。 2019年1月 当社執行役員就任。
経歴
慶應義塾大学理工学部卒業 公認会計士試験合格後、有限責任監査法人トーマツにて監査業務に従事。 株式会社エボラブルアジアの管理部長として、経理・財務・広報・IR・人事・MA・投資などを担当。 2016年3月の株式会社エボラブルアジアの東証マザーズ上場を支援。同年5月に同社入社。 2017年3月の東証一部への市場変更に従事。 2018年1月より投資事業部長を兼務。 2019年1月より同社執行役員に就任。
杉本雅明 氏 エレファンテック 取締役,COO/副社長
略歴
経歴
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 修士課程修了 慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科後期博士課程単位取得退学 2014年1月エレファンテック株式会社共同創業、取締役副社長就任
川野尚吾 氏 モンスター・ラボ 取締役
略歴
経歴
慶應義塾大学理工学部卒業後、日商岩井株式会社(現 双日)に入社し、衛星放送事業に従事。複数の子会社設立、戦略子会社への出向(2000年に携帯電話の販売代理店を経営する子会社へ転籍)を経て、2006年に独立。株式会社ベストクリエイトを創業し同社代表取締役に就任。店舗型アフィリエイトの草分けとして、国内9,600を超える携帯販売店舗と提携。2011年にM&Aにて同社をバイアウト。2012年からは上場企業であるアクセルマーク株式会社に参画、同社の広告事業担当取締役として従事。2018年12月に取締役を退任。2019年4月よりモンスター・ラボへ参画。 1974年4月、宮崎市生まれ。日向学院高-慶応大。2006年ベストクリエイト創業。12年からアクセルマークの子会社アクセルビート社長を経て14年12月から現職(アクセルマーク取締役)。県内外に散らばる高校の同級生と2カ月ごとに東京で飲み会を開き、情報交換しながら「宮崎の空気感」をつかんでいる。
佐橘一旗 氏 スタディスト 取締役,CTO/VPoE
略歴
経歴
慶應義塾大学卒。株式会社リクルートライフスタイルにて、アジャイル開発プロセス導入、各種開発プロジェクトリーダーを歴任。同社TechLead、開発マネージャー職を経て、2018年10月より開発部長として株式会社スタディストに参画。2019年1月にCTO就任。IPA主催 2009年度下期 未踏ユース コクリエータ、慶應義塾大学非常勤講師。
平田祐介 氏 Repro 代表取締役/CEO
略歴
経歴
1980年、東京都生まれ。戦略コンサルタント出身のシリアルアントレプレナー。大手コンサルティングファームに入社後、主に製造業のクライアントに対してターンアラウンド戦略立案や新規事業開発支援業務に従事。2011年から複数事業の立ち上げに関与したのち、2014年にReproを創業、現在に至る。
三木明 氏 Repro CTO/VPoE
略歴
2008年NTTコムウエア入社。 2012年7月mashroom入社。CTO就任。 2012年11月TweetGoGo入社。CTO就任。 2013年1月比較.com入社。マネージャー就任。 2014年1月Retro Inc CTOの経験を経て、2016年7月VP OF Engineer就任。
経歴
山本遼佑 氏 Linc’well 取締役
略歴
2011年より7年間、マッキンゼー・アンド・カンパニーにてヘルスケア領域のコンサルティングに従事 (元アソシエイトパートナー) NYオフィス、東京オフィス所属 医療機器・製薬企業などのヘルスケア企業を中心に、日本・米国・欧州・アジアにて海外展開戦略、オペレーション、セールス&マーケティング、ビジネスDD、組織変革など多岐に渡るトピックのプロジェクトに従事
経歴
マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィス及びニューヨークオフィスを経て、株式会社Linc'well (リンクウェル) を共同創業。 マッキンゼーには計7年在籍し、アソシエイトパートナーとして、ヘルスケア領域を中心に、日本・米国・欧州・アジアにて海外展開戦略、オペレーション、セールス&マーケティング、ビジネスDD、組織変革など多岐に渡るトピックのプロジェクトに従事。
金子好宏 氏 ブリッジ・シー・キャピタル 取締役,VC/投資ファンド
略歴
経歴
2000年、中央青山監査法人(現あらた監査法人)に入所し、金融機関を中心とした監査業務、内部統制構築業務に従事。2005年、PwCアドバイザリー合同会社に異動後、10年に渡りM&A、事業再生関連業務を中心とした各種コンサルティング業務に携わる。2016年、ブリッジ・シー・キャピタルに参画し、取締役に就任。富裕層向けAM事業の責任者として、不動産から金融商品に至るまで100億円超の資産運用を担当。慶應義塾大学商学部卒。
金子歩美 氏 スローガン 執行役員,CHRO/人事責任者
略歴
経歴
2008年に慶應SFC卒業後、Ferrari,Maseratiなどを商材とする外資系企業にて人事・マーケティングなどを経験。その後2011年にレバレジーズ株式会社に転職、社員数50名規模から400名規模になるまでの間、約4年間新卒採用の責任者を担い、120名を採用。無名のベンチャーからの採用ブランディング、採用戦略の立案・実務までを経験。2015年に友人紹介にて株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、事業部付広報部署の立ち上げを行う。同社のゲーム事業のブランディング、各サービス広報に関わる。2017年7月よりスローガンに入社。趣味はお酒、料理と食器集め。
斎藤祐馬 氏 デロイト トーマツ ベンチャーサポート 代表取締役/CEO
略歴
2005年 慶應義塾大学経済学部卒業 2006年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社 2010年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社 (現 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社)の事業立ち上げに参画 2011年 公認会計士登録 2012年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業開発部長 2015年  トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長 2019年  デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 代表取締役社長
経歴
山本隆三 氏 エブリー 執行役員,CFO/経理・財務責任者
略歴
経歴
2011年に慶應義塾大学理工学研究科修士課程(管理工学)を修了後、投資銀行にてM&Aアドバイザリー業務、資金調達業務、IR支援業務に従事。2015年、株式会社メタップスに入社し、経営企画部としてIPO準備の最終段階から関わり、上場後はIR体制の構築、M&A、資金調達、管理会計、事業計画立案業務等に従事。 2017年6月、株式会社エブリーに入社。2018年に執行役員CFOに就任
菅原千遥 氏 エブリー 執行役員,事業部長/責任者
略歴
経歴
2012年に慶應義塾大学を卒業後、グリー株式会社に入社。事業責任者として女性向けネイティブゲームに従事し、その経験を活かし戦略部門にて子会社や投資先会社の事業管理基盤構築を推進。その後、新規事業の立ち上げを主導。 2015年9月、代表取締役 社長 CEOの吉田と株式会社エブリーを共同創業。レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」を立ち上げ、国内でのレシピ動画市場の拡大を牽引。
鵜飼勇人 氏 エブリー 執行役員,事業部長/責任者
略歴
2006年慶應義塾大学卒業後、トーマツ コンサルティング(現:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)に入社 2008年1月よりアクセンチュアに入社、金融業界向けのマーケティング事業に従事。 2011年4月、グリーへ入社し、プラットフォームの事業戦略、グローバル展開を担う。 2013年4月よりリブセンスに入社、キャリア事業部長として転職サイトなどの運営を主導。 2017年7月、エブリーに入社、経営企画としてリテールソリューション事業の立ち上げに従事。2019年執行役員、DELISH KITCHENカンパニーOMO事業部長に就任。
経歴
小林祥泰 氏 PuREC 取締役
略歴
昭和 47 年 3 月 慶應義塾大学医学部卒業 昭和 47 年 5 月 北里大学病院内科病棟医 昭和 52 年 4 月 北里大学医学部助手(田崎内科) 昭和 54 年 4 月 北里大学医学部内科講師(神経内科学) 昭和 55 年 4 月 島根医科大学附属病院第3内科講師 平成 5 年 11 月 島根医科大学内科学講座第三・教授 平成 17 年 4 月 国立大学法人島根大学医学部附属病院長 平成 18 年 4 月 島根大学理事(医療担当) 平成 24 年 4 月 — 同 27 年 3 月 島根大学学長 平成 27 年 4 月 島根大学名誉教授、医学部特任教授、耕雲堂小林病院名誉院長 平成 27 年 4 月 済生会江津総合病院顧問 平成 28 年 1 月 島根大学発ベンチャーPuREC 株式会社取締役社長
経歴
橋本宗之 氏 Sansan 取締役,CFO/経理・財務責任者
略歴
経歴
外資系証券会社に入社。東京およびニューヨークで約9年間勤務し、M&Aや資金調達のアドバイザリー業務に従事。その後、日本政策投資銀行のグループ企業で投資業務に携わり、2017年にSansan株式会社へ入社。現在は、CFOとして財務戦略を指揮する。
橋本義賢 氏 ブシロード 代表取締役/CEO
略歴
経歴
1964年栃木県生まれ。慶応大学理工学部を卒業後、日本IBM株式会社を経て、1995年に株式会社コスパを設立、代表取締役社長就任し、草創期のアニメ・ゲーム周辺市場を開拓。2006年タブリエ・コミュニケーションズ株式会社(現 コスパグループホールディングス株式会社)の代表取締役社長に就任。2012年1月から株式会社ブシロード顧問、2015年9月より当社取締役に就任し、経営企画部門及び海外事業の一部を管掌した。2017年10月に当社の代表取締役社長就任(現任)。
奥山泰全 氏 コイネージ 代表取締役/CEO
略歴
1994年4月 澤公認会計士事務所入所 1999年11月 株式会社シムビジネスコンサルティング監査役 2001年4月 イ・システム株式会社(現日本プライベート証券株式会社)取締役 2002年4月 トレイダーズ証券株式会社執行役員 2003年4月 同社取締役 2003年4月 トレイダーズ投資顧問株式会社取締役 2004年6月 トレイダーズフィナンシャルシステムズ株式会社(現SBIトレードウィンテック株式会社)取締役 2006年7月 当社顧問 2006年8月 当社執行役員 2006年8月 当社代表取締役社長(現任) 2006年9月 株式会社マネーパートナーズソリューションズ取締役 2008年5月 マネーパートナーズ分割準備株式会社(現株式会社マネーパートナーズ)代表取締役社長 2013年7月 株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長兼ディーリング本部長 2014年7月 株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長(現任)
経歴
吉田博一 氏 エリーパワー 代表取締役/CEO
略歴
略歴 1961年 慶応大卒 住友銀行入行 1996年 同行副頭取 1997年 住銀リース株式会社 取締役社長 2001年 同社代表取締役会長兼社長 2002年 同社特別顧問 2003年 慶応大学政策メディア研究科教授 2006年 エリーパワー株式会社を創業
経歴
住友銀行(現三井住友銀行)副頭取、三井住友銀リース社長・会長を歴任 慶應義塾大学大学院教授(2008年3月まで)
廣瀬研二 氏 楽天ペイメント 執行役員,CFO/経理・財務責任者
略歴
2019年1月 楽天株式会社副社長執行役員CFO & CRO
経歴
1985年三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。企業調査部門、ロンドン支店勤務などを経て、2005年楽天証券に転職。翌年、新設された楽天金融事業室室長に就任。06年執行役員財務部長、07年経理部長を兼務、今年4月より楽天株式会社常務執行役員 経理部担当役員に。
唐澤俊輔 氏 メルカリ(退任済み) 執行役員,社長室長
略歴
経歴
慶應義塾大学法学部卒業。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。 2005年日本マクドナルド入社。マーケティング本部にて、プロモーション活動の企画・実行を中心としたマーケティング領域を担当。28歳にして史上最年少で部長に抜擢。店頭マーチャンダイジング、ブランドマネジメント、商品戦略の立案、といった主要領域の責任者を歴任。経営再建中には社長室長を務める。またチェンジ・エージェントとして組織内部からの変革を推進。その後、ナショナルマーケティング部長に就任。 2017年メルカリ入社。執行役員に就任。2018年にはPeople & Culture のVPに就任。社長室長も兼任中。 2015年、業績不振により同社が過去最大の赤字を計上する中、社長室長として社長の右腕となり、経営者と現場の間に入り、クライシスの対応、ターンアラウンドのプランニング、組織風土改革といった、全社の変革を推進。2016年からはマーケティング部長として、顧客の信頼と売上の回復に邁進し、魅力的な新商品キャンペーンやポケモンGOとのコラボレーションなどヒット企画を次々と提案、実行してきた。 2017年9月より株式会社メルカリへ。急成長するスタートアップ企業にて、国内事業の成長、新規事業の拡大、海外事業の確立といった成長戦略を社長室の立場から推進。人事・組織設計やブランディングといった組織横断的なプロジェクトのリードや、社長直轄の特命案件の推進等を担う。執行役員Head of COO Office グロービス・マネジメント・スクール マーケティング・経営戦略基礎講座  クリティカル・シンキング講座 講師 共著に「これからのマネジャーの教科書」(東洋経済新報社)がある。 2019年10月退任。
藤﨑研一朗 氏 メルカリ 執行役員
略歴
慶應義塾大学理工学部卒業。 1999年アビームコンサルティング入社。 2005年ディー・エヌ・エー入社。モバゲータウンのマーケティング部隊立ち上げに従事。 2010年コミュニティファクトリ入社。取締役兼COOとして、ソーシャルアプリ/ゲーム、スマホアプリのプロデュースを担当。 2012年買収に伴いヤフー入社。ヤフーCMO直下の本部長として、アプリ組織の立ち上げ、開発、マーケティング全般を指揮。 2015年Viibar入社。COOに就任。 2016年ソウゾウ入社。新規事業とマーケティングを担当。執行役員に就任。 2016年メルカリ入社。プロデューサーとして活躍。2017年に執行役員に就任。
経歴
五宝健治 氏 WHILL 投資業務/投資家
略歴
経歴
学校名 / 卒業年度:INSEAD MBA Program / Class of Sep.2004 現業界: ユニゾン・キャピタル株式会社(プライベートエクイティ投資) 役職: ディレクター / 投資プロフェッショナル MBA前の業界:メーカー / パナソニック株式会社 研究開発および企画職(1998/4-2007/7)
水島壮太 氏 ラクスル 執行役員,CPO/プロダクト責任者
略歴
経歴
学生時代はベンチャー企業の契約社員として、フィーチャーフォン上で動くJavaアプリの開発に没頭。新卒で日本IBMに入社し、Javaアーキテクトとして金融系システム開発などでキャリアを積んだ後、DeNAに転職。 DeNAでは、Mobageオープンプラットフォームのサードパーティ向けグローバル技術コンサルティング部門の立ち上げを行い、サードパーティらに必要なものを自らの意思決定で作りたいという思いから、開発部門へ。 Mobageに限らず社内外すべてのサービスで共通に利用されるマイクロサービスを開発、展開。 2015年4月より、株式会社ペロリに出向し、MERYのアプリの立ち上げおよびメディアからサービスへ飛躍するための開発をリード。 2017年10月より、印刷・広告・物流のシェアリングプラットフォームを運営するラクスル株式会社で執行役員兼印刷事業のプロダクトオーナーとして開発の指揮をしている。CPO/ラクスル事業本部プロダクト開発部 部長
宮武晋也 氏 ラクスル 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者
略歴
経歴
1986年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。 新卒で広告制作会社にて、映像、Webコンテンツの企画と制作進行を経験。グリー社では急成長期の内製モバイルWebゲームのプロダクトオーナーとして複数の月商数億規模タイトルの運営とグロースを経験。その後シニアマネージャーとして、海外オフショア開発組織の立ち上げを行い、複数の内製タイトルの運用移管を実施。ラクスル社では、物流の新規事業担当マネージャーとして、市場分析、事業計画策定、法務調査、サービス企画開発を推進。リリース後は事業責任者として、サービス運用・改善を継続しながら、新規営業やオペレーション設計、組織構築まで幅広に推進。現在はプロダクトマネージャーとして、新サービス開発を推進中。
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析