「CMO/マーケティング責任者」のキャリアパス分析

  
検索結果:118 件

■CMO/マーケティング責任者のファーストキャリア CMO/マーケティング責任者の69人のファーストキャリアを見ると、大手の比率がやや高めであり、他のCxOと比較すると起業は少ないが制作や編集などの自営業からキャリアをスタートしている者が一定数いるのが特徴である。 1. 大手 28人 40.6% 2. ベンチャー 23人 33.3% 3. 中小 11人 15.9% 4. メガベンチャー 6人 8.7% 5. 自営業/フリーランス 4人 5.8% 同様に職種を見ると、マーケティング畑に加え、営業出身が多く、内訳を見ると広告代理店の営業もしくは新規事業の企画と営業を兼務しているなどのケースが多かった。また、エンジニアやバックオフィス出身なども一定数おり、CxOの中でも最も出身職種の多様性がある。 1. 営業(セールス) 12人 17.4% 2. マーケティング 11人 15.9% 3. エンジニア 6人 8.7% 4. 新規事業/ビジネス開発・推進 4人 5.8% 5. 広告代理店 4人 5.8% 6. コンサル/シンクタンク 4人 5.8% 7. 経理財務/会計 3人 4.3% 8. 広報IR 3人 4.3% 9. 編集/ライター/記者 2人 2.9% 10. デザイン/制作(WEB・UI/UX・映像) 2人 2.9% 11. サービス運営/CS(カスタマーサクセス/サポート) 2人 2.9% ■CMO/マーケティング責任者になるまでの経験・キャリアパス 「ファーストキャリアからCMO/マーケティング責任者になるまで」を同様に集計すると、ベンチャー勤務の比率が上昇している。 起業および自営業経験者も増えており、ファーストキャリアと合算すると、CMOの10人に3人は起業もしくは自営業経験がある。この辺りはCTOと近しく、1人~少人数で完結しやすいという点で類似性があると考えられる。 1. ベンチャー 30人 43.5% 2. 大手 18人 26.1% 3. 社内昇進/部署異動 11人 15.9% 4. メガベンチャー 10人 14.5% 5. 中小 9人 13.0% 6. 外資/海外勤務 8人 11.6% 7. 起業 6人 8.7% 8. 自営業/フリーランス 4人 5.8% 同様に経験職種を見ると、新規事業やCEOなどの事業経験が大きく上昇している。後述するが、ずっとマーケティング畑ではなく、マーケティングを後から専門にするケースも珍しくない。 1. マーケティング 15人 21.7% 2. 新規事業/ビジネス開発・推進 8人 11.6% 3. 代表取締役/CEO 7人 10.1% 4. コンサル/シンクタンク 7人 10.1% 5. 営業(セールス) 4人 5.8% 6. エンジニア 4人 5.8% ■CMO/マーケティング責任者へのなり方 CMO/マーケティング責任者へのなり方を見ると、CFOと近しく、共同創業~創業期の比率が低いのが特徴である。CMOも創業期よりも会社がある程度の規模になってから設置されることが多いためと考えられる。 1. 社内昇進/部署異動 35人 50.7% 2. ベンチャー 21人 30.4% 3. 創業期 5人 7.2% 4. 大手 4人 5.8% 5. メガベンチャー 3人 4.3% 他のCxOと同様に、ベンチャー→何らかの成果を出す→CMOに社内昇進というのが王道だが、マーケティング・制作畑から以外にも様々なケースがあり、マーケティングは全ての領域とも隣接している分、どの職種からで狙えるCxOとも言える。 ■CMO/マーケティング責任者とよく兼務される職種 CMOは取締役の場合よりも執行役員の場合が多いようである。数はあまり多くないが、他のCxOと兼任しているケースも一定数存在する。 1. 執行役員 25人 36.2% 2. 取締役 16人 23.2% 3. 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 2人 2.9% 4. 営業(セールス)部長/管掌 2人 2.9% 5. CDO/デザイン・クリエイティブ責任者 2人 2.9% 6. CFO/経理・財務責任者 2人 2.9% 7. CHRO/人事責任者 2人 2.9% 8. COO/副社長 1人 1.4% 9. CSO/戦略責任者 1人 1.4% ■CMO/マーケティング責任者とは?担当領域と主な役割について CMOの正式名称はChief Marketing Officer、日本語訳で「最高マーケティング責任者」であり、名前の通りマーケティングに責任を持つ役員を指す。一口に「マーケティングに責任を持つ」と言えども、企業毎にマーケティングの指し示す範囲は様々である。最も狭義で言えば、広告運用やSEOなどにより問い合わせを作ることを指すことも多い。 ただし、CMOの担当するマーケティングの範囲はもっと広大で、最上流のどのような戦略で、どのようなプロダクトを作り、誰にどう売って、どのようにマネタイズするか?まで一気通貫で担当範囲となる。 ・上流:戦略立案、プロダクト設計、ブランディング ・マーケ実務:広告宣伝、SEO、コンテンツ制作 ・顧客接点:営業、カスタマーサクセス いわゆる上流の戦略やプロダクト設計や実装の担当が、広告や営業などの工程まで範囲を広げてCMOになるというパターンもあれば、逆に営業やカスタマーサクセスなどの顧客接点の担当がどんどん上流まで担当するようになりCMOになる流れも存在する。また、上記のようにCMOの担当範囲は「マネタイズまでの道筋をどう作るか?」であり、「どのように事業をつくるか?」とも言え、新規事業立ち上げやCEO経験者がCMOに役割を絞るというパスも珍しくない。 そのため、立ち上げに強いCMO、営業に強いCMO、プロダクト開発に強いCMO、広告運用に強いCMOなど様々存在し、その個々の特性に応じてCEOやCOO、営業部長やマーケティング部長などの役回りが変わることとなる。 ■CMO/マーケティング責任者後のキャリアパス CMO/マーケティング責任者後の行き先を見ると、他のCxOと同様であり、社内もしくはグループ会社に役割を変えながら残るパスが最も多い。次点が別の企業のCMOを歴任、起業と続く。 1. 社内昇進/部署異動 28人 40.6% 2. ベンチャー 13人 18.8% 3. グループ会社/支社 8人 11.6% 4. 起業 7人 10.1% 職種を見ると、CMO→CEOが最も多く、COOやCTOと同様に、本体CMO→子会社CEOを歴任するというのがよくあるパスで、上記のように起業するケースも多い。次点でCMO→COOというパスが特徴的で、マーケティングからより広域に責任を持つというキャリアの広げ方となる。 1. 代表取締役/CEO 20人 29.0% 2. 執行役員 15人 21.7% 3. CMO/マーケティング責任者 14人 20.3% 4. 取締役 11人 15.9% 5. COO/副社長 10人 14.5% 6. 事業部長/責任者 4人 5.8% 7. 社長室長 3人 4.3% ※調査対象は、直近5年の上場企業、大型調達(5億円以上)ベンチャー、売却エグジットしたベンチャーの役員・元役員 ※公式HP、有価証券報告書、SNS、インタビュー記事などの情報を元に作成 ※具体的な「 CMO/マーケティング責任者」のキャリアパス事例は本ページ下よりご覧ください

経験職種分析



検索結果 118 件
2つ前のキャリア
直前のキャリア
「CMO/マーケティング責任者」と同時に
経験されている職種
次のキャリア
2つ先のキャリア
1 マーケ/WEBマーケ/ブランディング 25 (16%) 1 マーケ/WEBマーケ/ブランディング 26 (17%) 1 CMO/マーケティング責任者 148 (100%) 1 取締役 24 (16%) 1 取締役 19 (12%)
2 新規事業/ビジネス開発・推進担当 15 (10%) 2 CMO/マーケティング責任者 23 (15%) 2 執行役員 49 (33%) 2 CMO/マーケティング責任者 23 (15%) 2 執行役員 14 (9%)
3 11 (7%) 3 執行役員 21 (14%) 3 取締役 36 (24%) 3 執行役員 22 (14%) 3 代表取締役/CEO 11 (7%)
4 CMO/マーケティング責任者 10 (6%) 4 12 (8%) 4 営業(セールス)部長/管掌 8 (5%) 4 代表取締役/CEO 21 (14%) 4 事業部長/責任者 11 (7%)
5 取締役 9 (6%) 5 代表取締役/CEO 12 (8%) 5 事業部長/責任者 5 (3%) 5 COO/副社長 12 (8%) 5 CMO/マーケティング責任者 10 (6%)
6 事業部長/責任者 7 (4%) 6 新規事業/ビジネス開発・推進担当 10 (6%) 6 CHRO/人事責任者 4 (2%) 6 事業部長/責任者 11 (7%) 6 COO/副社長 4 (2%)
7 営業(セールス) 6 (4%) 7 取締役 9 (6%) 7 CIRO/広報IR部長 3 (2%) 7 アライアンス 4 (2%) 7 社長室長 3 (2%)
8 執行役員 6 (4%) 8 マーケティングマネージャー 9 (6%) 8 アライアンス 3 (2%) 8 社長室長 3 (2%) 8 CDO/デザイン・クリエイティブ責任者 2 (1%)
9 マーケティングマネージャー 6 (4%) 9 営業(セールス) 7 (4%) 9 COO/副社長 3 (2%) 9 商品開発(サービス企画)責任者 3 (2%) 9 アライアンス 2 (1%)
10 経営企画(事業企画) 5 (3%) 10 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 6 (4%) 10 CPO/プロダクト責任者 3 (2%) 10 営業(セールス)部長/管掌 3 (2%) 10 グローバル/海外事業責任者 2 (1%)
11 コンサル/シンクタンク 5 (3%) 11 事業部長/責任者 5 (3%) 11 CSO/戦略責任者 3 (2%) 11 グローバル/海外事業責任者 2 (1%) 11 CSO/戦略責任者 2 (1%)
12 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 5 (3%) 12 エンジニア/開発(システム・サービス・アプリ) 3 (2%) 12 エンジニア/開発(システム・サービス・アプリ) 2 (1%) 12 2 (1%) 12 営業(セールス)部長/管掌 2 (1%)
13 経理財務/会計 4 (2%) 13 CIRO/広報IR部長 3 (2%) 13 CFO/経理・財務責任者 2 (1%) 13 新規事業/ビジネス開発・推進担当 2 (1%) 13 営業(セールス)マネージャー 2 (1%)
14 代表取締役/CEO 4 (2%) 14 COO/副社長 3 (2%) 14 CDO/デザイン・クリエイティブ責任者 2 (1%) 14 経営管理 2 (1%) 14 研究開発部長/管掌 1 (0%)
15 ITコンサル 3 (2%) 15 CSO/戦略責任者 3 (2%) 15 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 2 (1%) 15 サービス運営/CS(カスタマーサクセス/サポート)責任者 2 (1%) 15 監査法人/内部監査 1 (0%)

経験フェーズ分析



検索結果 118 件
2つ前のキャリア 直前のキャリア 「CMO/マーケティング責任者」時の企業フェーズ 次のキャリア 2つ先のキャリア
1 社内昇進/部署異動 37 (25%)
1 社内昇進/部署異動 49 (33%)
1 社内昇進/部署異動 80 (54%)
1 社内昇進/部署異動 48 (32%)
1 社内昇進/部署異動 33 (22%)
2 ベンチャー 31 (20%) 2 ベンチャー 34 (22%) 2 ベンチャー 33 (22%) 2 ベンチャー 11 (7%) 2 グループ会社/支社 6 (4%)
3 大手 29 (19%) 3 大手 21 (14%) 3 大手 9 (6%) 3 グループ会社/支社 10 (6%) 3 ベンチャー 5 (3%)
4 外資/海外勤務 14 (9%) 4 外資/海外勤務 14 (9%) 4 創業期 8 (5%) 4 起業 8 (5%) 4 大手 4 (2%)
5 中小 13 (8%) 5 メガベンチャー 9 (6%) 5 外資/海外勤務 8 (5%) 5 大手 8 (5%) 5 起業 3 (2%)

キャリアパス事例

広田康博 氏 akippa 取締役,CMO/マーケティング責任者,事業部長/責任者
略歴
2004年アクセンチュア入社。 2009年RSS広告社(現:Fringe81)に入社。経営企画・営業・広告運用・経理などを担当。 2012年Googleで大手企業の広告営業・コンサルティングを担う。 2015年akippaに入社。
経歴
1982年生まれ。アクセンチュア、Fringe81、Googleを経て2015年に弊社へ入社。これまで培った知見を活かし、長期戦略や幅広い事業推進プロジェクトを担っている。
ハロルド・ジョージ・メイ 氏 ブシロード 取締役,代表取締役/CEO
略歴
経歴
1963年オランダ生まれ。ニューヨーク大学大学院を修了後、ハイネケン・ジャパン株式会社(現ハイネケン・キリン株式会社)へ入社。その後、日本リーバ株式会社(現ユニリーバ・ジャパン株式会社)、サンスター株式会社を経て、2006年9月、日本コカ・コーラ株式会社へ副社長兼マーケティング本部長として入社。2008年11月に同社副社長兼チーフ・カスタマー・オフィサーへ就任。2014年3月に株式会社タカラトミーへ経営顧問として入社し、2015年6月に同社代表取締役社長兼CEOへ就任。2018年5月に株式会社ブシロード取締役に就任(現任)と同時に、新日本プロレスリング株式会社 代表取締役社長兼CEOへ就任(現任)。
鈴木順子 氏 オープンエイト CSO/戦略責任者,社長室長
略歴
経歴
2000年博報堂入社。メディアプランニング経験を経て、国内大手航空会社のキャンペーンを担当。2011年アイスタイルに入社し、営業本部長、マーケティング本部長として、マーケティング戦略立案やマーケティングスキーム開発に従事。また、広報室長としてコーポレートブランディングを推進。2018年春よりオープンエイトのエグゼクティブアドバイザーに就任し、マーケティング戦略をサポート。 就職氷河期だった2000年に、初の女性総合職として広告代理店に入社。新聞メディアを取り扱う部門に配属され、新聞業界の構造を学び、新聞広告のプランニングとバイイングに従事しました。  4年後にはジョブローテーション制度で航空会社を担当する営業へと配置転換となり、コミュニケーションプランの立案やTVCMの制作、イベント事業の運営など、広告におけるあらゆる業務領域の経験を積み、アドウーマンとして多忙ながらも達成感のある日々を送りました。  2011年に、ビューティーの領域でWEBとリアルの融合を目指すIT系の事業会社へジョイン。ビッグデータの分析に基づくマーケティングプランの戦略立案や、BtoBマーケティングのスキーム開発に従事し、マーケターとして、また、多くの部下を率いるマネジメントとして大きく成長した7年間でした。  そして現在は、人工知能(AI)やデータベース、メディア運営システムなどをコアテクノロジーとしたテックベンチャーのCSO(最高戦略責任者)として経営戦略の立案やビジネス開発に従事しています。
原沢悠 氏 オープンエイト 執行役員,営業(セールス)部長/管掌,CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
2014年サイバーエージェント入社。以来SEM業務に従事。入社1年目に広告事業営業部門の最優秀新人賞を獲得し、サイバーエージェント当時最年少局長として就任。2018年10月にオープンエイトの執行役員に就任し、現在はセールス&プランニング本部にて営業全般の責任者を務める。
酒井久雄 氏 エリーパワー 取締役,CMO/マーケティング責任者
略歴
1977年 株式会社日本興業銀行(現株式会社みずほフィナンシャルグループ)入行 1999年 興銀証券株式会社(現みずほ証券株式会社)資本市場第5部長就任、その後香港上海銀行東京支店法人部長 2013年 株式会社ティーケーピー執行役員不動産開発部長に就任 2014年 株式会社ティーケーピー執行役員法人営業部長就任 2019年7月 エリーパワー株式会社取締役 専務執行役員 兼 CMO
経歴
日本興業銀行(現みずほ銀行)コーポレートリテール部部長、HSBC東京支店法人営業部長、(株)ティーケーピー執行役員等を経て現在
光安克彦 氏 エリーパワー 執行役員
略歴
執行役員
経歴
ルネサスエレクトロニクス(株)グローバルセールスマーケティング本部部長を経て現在
唐澤俊輔 氏 メルカリ(退任済み) 執行役員,社長室長
略歴
経歴
慶應義塾大学法学部卒業。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。 2005年日本マクドナルド入社。マーケティング本部にて、プロモーション活動の企画・実行を中心としたマーケティング領域を担当。28歳にして史上最年少で部長に抜擢。店頭マーチャンダイジング、ブランドマネジメント、商品戦略の立案、といった主要領域の責任者を歴任。経営再建中には社長室長を務める。またチェンジ・エージェントとして組織内部からの変革を推進。その後、ナショナルマーケティング部長に就任。 2017年メルカリ入社。執行役員に就任。2018年にはPeople & Culture のVPに就任。社長室長も兼任中。 2015年、業績不振により同社が過去最大の赤字を計上する中、社長室長として社長の右腕となり、経営者と現場の間に入り、クライシスの対応、ターンアラウンドのプランニング、組織風土改革といった、全社の変革を推進。2016年からはマーケティング部長として、顧客の信頼と売上の回復に邁進し、魅力的な新商品キャンペーンやポケモンGOとのコラボレーションなどヒット企画を次々と提案、実行してきた。 2017年9月より株式会社メルカリへ。急成長するスタートアップ企業にて、国内事業の成長、新規事業の拡大、海外事業の確立といった成長戦略を社長室の立場から推進。人事・組織設計やブランディングといった組織横断的なプロジェクトのリードや、社長直轄の特命案件の推進等を担う。執行役員Head of COO Office グロービス・マネジメント・スクール マーケティング・経営戦略基礎講座  クリティカル・シンキング講座 講師 共著に「これからのマネジャーの教科書」(東洋経済新報社)がある。 2019年10月退任。
野辺一也 氏 メルカリ 取締役
略歴
1972年8月4日 誕生 1995年9月 株式会社センティオ設立 代表取締役 1998年10月 プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社 アドバイザリーコンサルタント 2001年10月 朝日アーサーアンダーセン株式会社入社 ストラテジー&カスタマーソリューション マネジャー 2003年5月 株式会社マクシスコンサルティング入社 事業統括ディレクター 2006年4月 株式会社リヴァンプ入社 ディレクター 2007年7月 株式会社SONOKO入社 代表取締役社長 2010年1月 荘能子化粧品貿易(上海)有限公司 董事長 2014年2月 株式会社ローソン入社 執行役員 CVSカンパニー ホームCVS推進本部 本部長 2014年2月 株式会社スマートキッチン(現ローソンフレッシュ)代表取締役社長 2015年4月 株式会社ローソン 執行役員 ホームコンビニエンス事業本部 本部長 2015年6月 株式会社大地を守る会 取締役 2015年6月 SGローソン株式会社 代表取締役(現任) 2016年6月 株式会社ロイヤリティマーケティング 社外取締役(現任) 2016年9月 株式会社ローソン 執行役員 カードサービス事業部管掌 兼 ホームコンビニエンス事業本部 本部長 2017年3月 同社 理事執行役員 マーケティング本部副本部長 商品本部副本部長(現任) 2017年4月 当社取締役(現任)
経歴
富永朋信 氏 Preferred Networks 執行役員,CMO/マーケティング責任者
略歴
1992年 日本コダック 日本コカ・コーラ ソラーレホテルズアンドリゾーツ(CMO) 西友(CMO) ドミノ・ピザ ジャパン(執行役員 CMO) 2018年9月 イトーヨーカ堂(営業本部長 補佐) 2019年3月 イトーヨーカ堂 執行役員営業本部副本部長兼販売促進室長 2019年7月、プリファードネットワークスに入社(執行役員 CMO)
経歴
1992年大学卒業後、日本コダックに入社。日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパン、イトーヨーカ堂などでマーケティング関連職務を歴任。2019年7月、プリファードネットワークスに入社 ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 CMO。1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友などマーケティング関連職務を7社で経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、現職でCMOを拝命。座右の銘はいろいろあるが、今のお気に入りは「鏡を信じるな」。マーカスエバンス社CMOサミット議長(17年~)、日本マーケティング協会 CMOソサエティメンバー。 ドミノピザ・ジャパン株式会社 執行役員CMO。 日本コダック(現コダック)、日本コカ・コーラ、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友などでマーケティング関連の職務を歴任。CMOは3社目。日本コカ・コーラではiModeでコカ・コーラが買える自販機システム「Cmode」の立ち上げを担当。それ以来、「購買=ブランド選択+チャネル選択」という式の解を模索し続けている。西友では同社のイメージを一変させるキャンペーンを連発した。ブランドの構造はカテゴリによって違うことに気付き、全てのカテゴリのブランド構築に対応できる方法の開拓に頭を悩ませている デジタル時代の基礎知識『商品企画』 「インサイト」で多様化するニーズに届ける新しいルール MarkeZine BOOKS  著
馬場康次 氏 お金のデザイン CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
早稲田大学法学部卒業。日本HP、イオン、マイクロソフト、グーグルで、マーケティング、ブランディング活動を牽引。グーグルでは、YouTube の日本での立ち上げから「未来へのキオク」などの ソーシャルプロジェクト、「Google さがそう」などのブランドキャンペーンを手がける。2015年9月お金のデザインに入社。2018年4月執行役員CMO就任。
野村知己 氏 dely/クラシル CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
2009年九州大学卒業後、インターネット広告代理店に新卒入社。最優秀スタッフ賞などを受賞し、同期入社社員中最速でマネージャー昇進。2015年よりアプリに特化したソリューション事業を責任者として立ち上げ、大手企業を中心としたコンサルティングを行いながら、イベントやセミナーなどにも数多く登壇。2018年1月よりdelyにジョインし、オンライン/オフライン問わずマーケティング全般を統括。2019年4月よりマーケティング担当執行役員に就任。
門奈剣平 氏 Loco Partners/Relux 執行役員,グローバル/海外事業責任者,CMO/マーケティング責任者
略歴
2012年 Loco Partners創業メンバーとしてジョイン 2015年 Global事業部 事業責任者 新卒入社 2017年〜現在 事業開発SBU 中国子会社 社長
経歴
1991年生まれ。日本人の父と中国人の母をもつ日中ハーフで、2007年まで上海で生まれ育つ。同年、日本に移り慶応義塾高等学校へ、2010年に慶応義塾大学環境情報学部(SFC)へ入学。2015年に慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年、大学1年生の時に、当時篠塚社長1人だけであったLoco Partnersに2人目のメンバーとして参加。インターンシップ生ながら、ディレクター業務、Webマーケティング業務、データ分析、外部との事業提携など幅広く活躍。Webマーティングチームの責任者を務めたのち、2015年3月から、インターン生ながら訪日旅行事業部の部長に就任。中国などのアジア圏への出張、上海営業所の立ち上げなどを行う。 2015年9月、慶應義塾大学卒業とともに株式会社Loco Partnersに新卒入社。Global事業責任者を務め、訪日事業を大幅にグロースさせることに貢献。2017年より中国子会社の代表に就任。2019年4月に執行役員に就任。現在は、中国・台湾・香港・韓国・英語圏のマーケティング統括や世界の大手旅行企業とのシステム提携など幅広く推進。趣味はバックパック旅行。
和田周久 氏 EduLab 取締役,CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
大学卒業後、株式会社アドバンスト・メディアにてインターネット・モバイルを基盤とした教育ビジネスを一環して担当し営業本部を率いる。在職中に同社のマザーズ上場を経験。同社退社後は、株式会社アイイーインスティテュートにてマーケティング・事業開発室長を経て専務取締役に就任。一方、世界最大の非営利テスト機関にて新規事業開発コンサルタント、中国CHINA MOBILEにて顧問、京都大学グローバル生存大学院連携プログラム産官アドバイザー等を兼任。得意分野は音声認識領域。教育技術領域に幅広い人脈を有していることを見込まれ、2015年12月株式会社EduLab取締役CMOに就任。2016年7月、同社副社長に就任(現任)。米国法人Edutech Lab, Inc Director & CMO(現任)。
重岡将馬 氏 Payke CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
株式会社Payke CMO(最高マーケティング責任者)。東京大学経済学部卒業。大学在学時からインターン生としてコミットし、卒業後、CMOとしてジョイン。ユーザーの獲得、アプリのグロースハックなど多岐にわたる業務を担当。
菅沼博道 氏 SKIYAKI 取締役
略歴
1994年4月カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社入社 2007年4月同社最高販促責任者CMO就任 2010年4月同社TSUTAYA事業本部商品販促部部長就任 2012年4月同社商品・エンタテインメント事業本部ネット・エンタテインメント部部長就任 2013年4月同社執行役員兼ミュージックライフスタイル研究所所長就任 2013年6月当社取締役就任(現任) 2015年4月カルチュア・エンタテインメント株式会社取締役就任(現任) 2018年5月CCCミュージックラボ株式会社取締役就任(現任)
経歴
田平公伸 氏 マネーフォワード CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
青山学院大学経営学部を卒業後、日本電気(株)にて約5年間、流通業界向けシステムの事業推進を担当した後、楽天株式会社にて楽天市場のマーケティング部門立ち上げ、ポイントプログラム構築、アライアンス推進に従事。マネックス証券(株)にて個人向けマーケティング、スターフェスティバル(株)にて法人向けマーケティングをリードした後、(株)マネーフォワードにマーケティング本部長として参画。
中村裕一 氏 エウレカ CMO/マーケティング責任者,CPO/プロダクト責任者
略歴
経歴
2011年、横浜市立大学大学院を中退。その後株式会社エウレカに入社し、大手化粧品企業向けの口コミ広告事業に従事。2012年、同社マーケティング事業部のマネージャーとして、企業のFacebookを活用した集客支援を行う。Pairsの立ち上げとともに、Facebookページの集客事業の立ち上げ、1年間で250万人を超えるファンを獲得、リーチ数で国内No.1ファンページに育てる。2014年、執行役員CSOに就任。2016年、取締役CPO/CMO就任。
森勇樹 氏 スタディスト 執行役員,CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
東京理科大学卒。パーソルキャリア株式会社にて、アルバイト求人情報サービス「an」のマーケティング部門およびデータ部門のゼネラルマネージャーを歴任。同サービスのブランド認知向上・利用ユーザー数拡大などに従事した後、2019年4月よりマーケティング部長として株式会社スタディストに参画。2019年7月に執行役員CMOに就任。
河野奈保 氏 楽天 執行役員,CHRO/人事責任者,CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
常務執行役員 CMO (Chief Marketing Officer)コマースカンパニー シニアヴァイスプレジデント 1976年生まれ。99年大学卒業後、人材派遣会社、ネット証券会社を経て、英国留学。2003年、楽天に入社。楽天市場事業で営業、マーケティング、編成を担当する。05年からはモバイル事業の責任者を務める。12年編成部副部長、13年5月執行役員に就く。女性としては最年少の役員となる。同年8月編成部長に就任。同年12月、楽天はジャスダックから東証一部に上場市場を変更。17年2月ECカンパニープレジデント、同年4月常務執行役員。18年7月組織改編に伴い、コマースカンパニーのシニアヴァイスプレジデントとなる。「ECマーケット動向」「女性の働き方」に関する講演も多数。
笹木隆之 氏 TBM 執行役員,CMO/マーケティング責任者
略歴
2007年 株式会社電通 入社 2010年 株式会社電通 未来創造グループ チーフ・プランナー 2016年 株式会社TBM 入社 (執行役員) 2018年 株式会社TBM CMO 最高マーケティング責任者 (現任) 2019年 バイオワークス株式会社 取締役 (現任)
経歴
株式会社電通に入社後、経営者と企業のあらゆる事業活動を“アイデア”で活性化させる未来創造グループに所属。マーケティングを起点にした 新規事業開発、新商品開発、店舗開発のプランニング及びプロデュース及びブランド戦略、インターナルブランディング(企業理念浸透)など、 チーフプランナーとして活動。電通総研Bチームのメンバーも兼務。電通のソリューション部門におけるべストプラクティスフォーラムにおいて、 MVP賞、準MVP賞などを受賞。 2016年4月、株式会社TBMに入社。ブランド戦略、PR、採用、組織開発、サステナビリティ、ソーシャルアクション、WEB、企業文化創造など、コーポレート・コミュニケーション本部の本部長としてマネジメント業務を遂行。2018年8月、CMO (最高マーケティング責任者)に就任。2019年9月、株式会社TBMのグループ会社で、改質ポリ乳酸コンパウンド(Plax)の開発・製造・販売を行う、Bioworks株式会社の取締役を兼任。 筑波大学社会工学類都市計画専攻 卒業。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程(単位取得退学)修了。 主な著書:「自分ゴト化 社員の行動をブランディングする」(ファーストプレス、共著) 「なぜ君たちは就活になるとみんな同じようなことばかりしゃべりだすのか」(宣伝会議、共著)
千葉久義 氏 NOIN 取締役,COO/副社長
略歴
経歴
2011年電通に新卒入社、テレビ局にてメディアバイイング業務を行った後、2014年にGunosy入社。 マーケティング責任者としてTVCM出稿を含むプロモーションすべてを担当、ユーザー規模の拡大に貢献。 2016年 執行役員に就任しKDDIとの共同事業である「ニュースパス」、女性向けアプリ「LUCRA」の立ち上げなどを行う。 2017年より広告事業本部副本部長として広告部門の売上責任者としてGunosyAdsの売上を伸長させる。 同時に事業計画策定も行い、東証マザーズ上場、東証一部への市場変更を牽引。 2019年よりノインに参画。
小櫻耕一 氏 リビン・テクノロジーズ 取締役,事業部長/責任者
略歴
2018/06/06〜現在 リビン・テクノロジーズ株式会社 取締役 不動産プラットフォーム事業本部 本部長 2016/10/03〜期間未設定 取締役 マーケティング部 本部長 2016/04/01〜2016/09/30 プロモーション部 本部長 2015/10/01〜2016/03/31 プロモーション部部長 2014/10/01〜2015/09/30 サービス運営本部 集客部 部長 2014/08/01〜2014/09/30 株式会社シースタイル サービス運営本部 集客部マネージャー 2012-02-22 - 2013-10-31 株式会社ウイング 経営企画室 2005-04-01 - 2011-03-01 株式会社ネットマイル 執行役員 2000-10-01 - 2004-07-01 イード 1993-04-01 - 1999-03-01 日立マクセル
経歴
松本洋介 氏 LiB 代表取締役/CEO
略歴
2003年、株式会社リクルート勤務 2006年、株式会社グレイトフルデイズCMO就任 2007年、株式会社リクルート退社 2007年、トレンダーズ株式会社に経営参画。最高執行責任者(COO)に就任 2012年、トレンダーズ株式会社営業担当取締役として東証マザーズへ上場。 2014年、株式会社LiB(リブ)設立、代表取締役就任
経歴
明治大学卒業後、2003年に株式会社リクルート入社。タウンワーク、ホットペッパーでは全国営業MVPとして受賞歴多数。 新規事業開発室にてエルーカ創刊に携わった後、2007年4月「東証マザーズへの上場実現」をミッションとしてトレンダーズ株式会社にCOOとして入社。2010年6月より取締役就任。 2012年10月営業取締役としてミッションであった東証マザーズへの上場を実現。 2014年3月の退任時には、入社当時2億強だった売上を約20億まで牽引。 2014年4月1日株式会社LiB創業、代表取締役就任。 松本 洋介
波多野智也 氏 スタートバーン 取締役,CMO/マーケティング責任者,取締役
略歴
経歴
千葉県印西市出身。音楽学校卒業後、作曲家に師事し劇伴作家見習いとして活動。2003年からIT業界でウェブマーケティングや事業企画、広報を経験、頓智ドット株式会社、アスタミューゼ株式会社を経て、ブロックチェーンをベースにした新しい教養と文化の可能性を感じ、2018年にスタートバーンに参画。パブリック・リレーション、ブランディングやマーケティング全般を担う。趣味は楽器演奏(5弦ベース・指弾き)と音楽鑑賞。取締役 最高マーケティング責任者(CMO)
丸山安曇 氏 ジョリーグッド CCO/コンテンツ責任者,CMO/マーケティング責任者
略歴
経歴
1981年宮城県生まれ。地方テレビ局からキャリアをスタート。2008年から博報堂DYグループに参加、2011年から博報堂DYメディアパートナーズに所属し、クリエイティブディレクション、UXデザイン、大手メディア・クライアントとのビジネス創出、自社事業開発等を数多くのプロジェクトを手がける。カンヌライオンズを始めとして国内外の広告賞で数多くの賞を受賞。2017年には、大手クライアントと推進した共同事業にて、キッズデザイン賞少子化対策大臣賞を受賞。カンヌライオンズ、Adasia等の国際カンファレンスにスピーカーとして登壇。経済産業省が主催するグローバル起業家育成プログラム「始動」シリコンバレー選出メンバー。2019年より個人プロジェクト「Mt.(マウントドット)」設立。同時期からVRとAIのスタートアップ「ジョリーグッド」に参加、CCO&CMOに就任。 ***** ・IBC岩手放送に入り、ウェブデザインやウェブディレクションを担当 ・その後は博報堂DYインターソリューションズに転職
岡部晃彦 氏 リレイド 代表取締役/CEO
略歴
2005年1月 株式会社オプト(現株式会社オプトホールディング)入社 2005年10月 株式会社オプト 営業部 副部長 2005年12月 株式会社オプト 営業部 部長 2010年1月 株式会社オプト 営業本部 本部長 2011年7月 株式会社オプト データテクノロジー本部 本部長 2012年7月 株式会社オプト マーケティング本部 本部長 2013年7月 株式会社オプト 広告事業本部 本部長 2015年4月 当社 取締役(現任) 2016年3月 クロスフィニティ株式会社 取締役(現任) 2017年1月 株式会社ジェネレイト 取締役COO(現任) 2018年1月 スキルアップ・ビデオテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長(現任) →株式会社リレイドに社名変更
経歴
中野宜幸 氏 オプト 執行役員,営業(セールス)部長/管掌
略歴
経歴
2006年オプト(現オプトホールディング)入社。営業部長、事業部長、ビジネス開発本部本部長を経て、2015年より当社執行役員に就任、 デジタルを起点としたブランディング領域、O2O領域管掌。2019年よりアカウント領域管掌。
石原靖士 氏 オプト 執行役員,CTO/VPoE,CCO/コンテンツ責任者
略歴
経歴
新卒でソフトバンクIDC入社し、データセンターのネットワークエンジニアを経験。その後、コマース事業を独立起業し失敗。2006年にオプトに入社。人材、エンタメ、自動車、不動産などの営業を経験し、マーケティング戦略部部長として活躍。2010年にはWebコンサルティング会社に取締役として参画し、CRM支援ツールの新規事業の立ち上げ、グロース、事業売却にまで携わる。2015年にオプトの執行役員に就任すると、新たにエンジニア組織を立ち上げ、LINEビジネスコネクトなどマーケ支援自社サービスの開発や販売推進。マーケテクノロジー領域における強化を担った。2018年1月よりコンテンツ領域の責任者も担い、同年5月末にはデザイン イノベーション ファーム「Studio Opt」を立ち上げた。
橋本祐生 氏 オプト 執行役員,CDO/デザイン・クリエイティブ責任者,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
2007年オプト(現オプトホールディング)入社。営業、運用型広告コンサルティング部長、マーケティング部長を経て、自社ツールの開発企画を推進するソリューション戦略企画部部長を務める。2017年に当社執行役員就任、SEM・ディスプレイ・ソーシャルメディアなど運用型広告全般を管掌。2019年からは広告事業戦略・クリエイティブ領域を管掌。
本木卓磨 氏 meleap 取締役,CMO/マーケティング責任者
略歴
2000年 新座総合技術高等学校 卒業 2000年〜2002年 尚美学園大学 2008年5月〜2010年8月 株式会社ヴエロ 2010年9月〜2011年12月 LLP日本代替現実クラブ 2011年1月〜2012年6月 Cross Games Co. Ltd. Planner 2012年7月〜2013年2月 スパイシーソフト株式会社 Director 2013年2月〜2014年11月 株式会社フューチャースコープ Director 2014年11月〜 meleap 取締役CCO <これまでの職歴> ・ソーシャルゲームディレクター(約4年) ・ARG(代替現実ゲーム)ディレクター(約2年) ・WEBディレクター(約2年) ・ボーカル&ギター(約8年)
経歴
2014年10月より起業間もない株式会社meleapに取締役として参画。HADOシリーズのディレクターとして「HADO PvP」、「HADO MONSTER BATTLE」、「HADO SHOOT!」、「HADO KART」、その他有名IPとのコラボ案件など、ほとんどすべてのコンテンツの企画とディレクション、一部のデザインと開発を行う。現在は開発業務からは離れ、テクノスポーツ「HADO」でスポーツビジネスを成功させるべく、マーケティング部門の責任者として様々な施策を実施している。元ソーシャルゲームディレクター。元ARGディレクター。元WEBディレクター。元ボーカル&ギター。
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析