「COO/副社長」のキャリアパス分析

  
検索結果:386 件

■COO/副社長のファーストキャリア COO/副社長の214人のファーストキャリアを見ると、大手出身がもっとも多く、約半数を占める。次いでベンチャー、メガベンチャーという順で、外資勤務も10%強が経験している。 1. 大手 97人 45.3% 2. ベンチャー 69人 32.2% 3. メガベンチャー 28人 13.1% 4. 外資/海外勤務 25人 11.7% 5. 中小 23人 10.7% 6. 起業 5人 2.3% 同様に職種を見ると、いきなりCOOというケースは稀で、最も多いのが営業であった。証券会社や投資銀行、銀行など、金融系出身も多いのも特徴的である。 1. 営業(セールス) 38人 17.8% 2. エンジニア 19人 8.9% 3. 証券/投資銀行 18人 8.4% 4. コンサル/シンクタンク 16人 7.5% 5. 新規事業/ビジネス開発・推進 11人 5.1% 6. マーケティング 11人 5.1% 7. 商品開発(サービス企画) 10人 4.7% 8. 銀行 8人 3.7% 9. COO/副社長 7人 3.3% ■COO/副社長になるまでの経験・キャリアパス 「ファーストキャリアからCOO/副社長になるまで」を同様に集計すると、ベンチャーやメガベンチャーなどの経験が大きく増加している。他のCxOにも共通することであるが、キャリアのどこかで事前にベンチャー企業を経験しておくのが一般的のようである。また、COOの場合は、大手・ベンチャー両方を経験しているケースも37%あり、CEOなどに比べると高くなっている。 1. ベンチャー 132人 61.7% 2. 大手 112人 52.3% 3. 社内昇進/部署異動 105人 49.1% 4. 外資/海外勤務 62人 29.0% 5. メガベンチャー 48人 22.4% 6. 中小 46人 21.5% 7. グループ会社/支社 33人 15.4% 8. 創業期 21人 9.8% 9. 起業 17人 7.9% 同様に経験職種を見ると、上記のファーストキャリアと比較して、取締役などの役員経験とともに、新規事業/ビジネス開発や事業部長などのビジネス系の経験を積んでいるケースが増えている。また、6人に1人はCEO経験者である。 1. 取締役 86人 40.2% 2. 新規事業/ビジネス開発・推進 59人 27.6% 3. コンサル/シンクタンク 35人 16.4% 4. 代表取締役/CEO 34人 15.9% 5. 事業部長/責任者 33人 15.4% 6. 営業(セールス) 32人 15.0% 7. 執行役員 31人 14.5% 8. 証券/投資銀行 25人 11.7% 9. エンジニア 24人 11.2% 10. マーケティング 23人 10.7% 11. 経営企画(事業企画) 16人 7.5% 12. M&A業務/アドバイザリー 15人 7.0% 13. 子会社/支社/拠点立ち上げ 15人 7.0% 新規事業立ち上げ→事業部長→COOなど、ビジネス系の経験をたどるのが最もシンプルなケースである。また、数は少ないが、子会社/支社/拠点立ち上げなども同様の経験値になるようである。コンサルタント出身者も多いが、この場合は、コンサルタント時代の領域が新規事業立ち上げやM&A+PMIなど、ハンズオンでの事業立ち上げor立て直しの経験を積んでいるケースが多い。 次点が営業出身で、営業→営業部長→事業部長→取締役→COOなどのパスがある。特に、ベンチャーや事業立ち上げフェーズで売上を作ることは、上記の新規に事業立ち上げと近しい経験や実績になると考えられる。 証券/投資銀行や、エンジニアを経る場合も10%強ずつあるが、この場合にはそれぞれ、CFO寄りのCOOやCTO寄りのCOOになる。詳しくは後述する。 ■COO/副社長へのなり方 COO/副社長へのなり方を見ると、創業期にジョインするか、ベンチャーにて成果を出して社内昇進するのが基本のようである。 1. 社内昇進/部署異動 89人 41.6% 2. ベンチャー 42人 19.6% 3. 創業期 26人 12.1% 4. 共同創業者 18人 8.4% 5. 創業メンバー 16人 7.5% 6. グループ会社/支社 15人 7.0% 社内昇進が40%強を占めるがその内情を見ると、創業期orベンチャーに入社→何らかの成果を上げる→(事業部長)→(取締役)→取締役COOなどのパスが王道である。COOが設置されるタイミングで昇格というケースがほとんどで、COOが交代するケースは極めて稀である。 同様に、共同創業~創業期にCOOとしてジョインするというケースも30%弱ある。最も分かりやすいのがその会社の「二人目」になるというパターンであり、ある意味ではCOOになる難易度が最も低い。この場合、CEOとは「はじめまして」のケースはほぼなく、学生時代の知り合い、前職時代の同僚など、すでにCEOとの間に何らかの信頼関係が築いているケースが多い。 ある程度設立年数が経っているベンチャーにいきなりCOOとしてジョインするケースも20%弱あるが、この場合は他の会社で役員をやっていたなど、すでに同程度の実績がある場合が多い。 基本的には創業期ほど競争相手が少なく、その企業が成長して大きくなればなるほど、COOになるためにはそれ相応の実績が必要となる。 ■COO/副社長とよく兼務される職種 COO/副社長はほどんどの場合で取締役COOであるが、稀に執行役員COOという場合もある。また、特に創業期はCOO兼CFOや、COO兼事業部長などというケースもある。下記の集計は公式ページなどに明記されている場合のみカウントしているが、明記はせずとも実態はCFOや事業部長の機能を果たしているケースが多いと想像される。 1. 取締役 112人 52.3% 2. 代表取締役/CEO 17人 7.9% 3. CFO/経理・財務責任者 8人 3.7% 4. 執行役員 7人 3.3% 5. 事業部長/責任者 6人 2.8% 6. 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 5人 2.3% ■COO/副社長とは?主な役割と代表取締役/CEOとの違いについて COOの正式名称はChief Operating Officer、日本語訳で「最高執行責任者」であり、主に実行に責任を持つ。企業毎にCOO・副社長・代表取締役COOなど表記はやや異なるが、その企業のNo.2の者を指す場合が多い。 一口に”実行”と言ってもその範囲は幅広く、代表取締役/CEOにも記載したが、特に企業初期フェーズにおいては、CEOとともに、プロダクト開発~営業~資金調達~採用など、CxOの役職をCEOとともに役割分担することとなり、その中でも、大きく分類するとすれば、以下の3パターンに分けられる。 ①「事業部長新規事業担当」寄りのCOO ②「CTO」寄りのCOO(COO兼CTOというケースもあり) ③「CFO」寄りのCOO(COO兼CFO兼コーポレート掌握というケースもあり) ①が最も多いが、初期フェーズほど明確な区分けは難しく、①+②、①+③など兼任する場合もあれば、状況に応じて流動的に変わることも多い。 ■COO/副社長後のキャリアパス COO/副社長になった後の行き先を見ると、今回は一社でずっとCOOをやっているケースは除いているが、それでも社内もしくはグループ会社に役割を変えながら残るパスが最も多い。次点が別のベンチャーに行くとなっているが、この中には売却によってベンチャーにジョインしているケースも半数程度含まれている。 1. 社内昇進/部署異動 80人 37.4% 2. ベンチャー 35人 16.4% 3. 起業 19人 8.9% 4. グループ会社/支社 19人 8.9% 職種を見ると、COO→CEOというケースが最も多い。本体COO→子会社CEOを歴任するというのがよくあるパスだが、CEOの退任によって本社CEOになるケースも増えてきている。 また、その他はCOOからCSO寄りに全社統括する側へシフトするか、新規事業担当などの事業立ち上げ方面に戻るのどちらかが王道のようである。稀にCFO寄りのCOOがCFOに専念するため、COO→CFOというケースもある。 1. 代表取締役/CEO 67人 31.3% 2. 取締役 34人 15.9% 3. COO/副社長 28人 13.1% 4. 執行役員 21人 9.8% 5. 事業部長/責任者 10人 4.7% 6. 社外取締役/顧問 9人 4.2% 7. CSO/戦略責任者 7人 3.3% 8. 企業戦略 7人 3.3% 9. CFO/経理・財務責任者 7人 3.3% ※調査対象は、直近5年の上場企業、大型調達(5億円以上)ベンチャー、売却エグジットしたベンチャーの役員・元役員 ※公式HP、有価証券報告書、SNS、インタビュー記事などの情報を元に作成 ※具体的な「COO/副社長」のキャリアパス事例は本ページ下よりご覧ください

経験職種分析



検索結果 386 件
2つ前のキャリア
直前のキャリア
「COO/副社長」と同時に
経験されている職種
次のキャリア
2つ先のキャリア
1 取締役 58 (12%) 1 取締役 142 (31%) 1 COO/副社長 458 (100%) 1 代表取締役/CEO 102 (22%) 1 取締役 56 (12%)
2 執行役員 41 (8%) 2 代表取締役/CEO 51 (11%) 2 取締役 240 (52%) 2 取締役 81 (17%) 2 代表取締役/CEO 30 (6%)
3 40 (8%) 3 COO/副社長 45 (9%) 3 執行役員 42 (9%) 3 COO/副社長 45 (9%) 3 執行役員 27 (5%)
4 代表取締役/CEO 39 (8%) 4 執行役員 42 (9%) 4 代表取締役/CEO 33 (7%) 4 執行役員 22 (4%) 4 COO/副社長 23 (5%)
5 新規事業/ビジネス開発・推進担当 33 (7%) 5 事業部長/責任者 29 (6%) 5 CFO/経理・財務責任者 17 (3%) 5 事業部長/責任者 11 (2%) 5 社外取締役/顧問 11 (2%)
6 コンサル/シンクタンク 25 (5%) 6 29 (6%) 6 事業部長/責任者 13 (2%) 6 社外取締役/顧問 10 (2%) 6 事業部長/責任者 9 (1%)
7 営業(セールス) 24 (5%) 7 コンサル/シンクタンク 23 (5%) 7 CTO/VPoE 10 (2%) 7 CSO/戦略責任者 9 (1%) 7 CSO/戦略責任者 7 (1%)
8 COO/副社長 23 (5%) 8 新規事業/ビジネス開発・推進担当 20 (4%) 8 CSO/戦略責任者 9 (1%) 8 CFO/経理・財務責任者 8 (1%) 8 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 5 (1%)
9 事業部長/責任者 22 (4%) 9 営業(セールス)部長/管掌 18 (3%) 9 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 8 (1%) 9 4 (0%) 9 事業統括/ビジネス統括 4 (0%)
10 エンジニア/開発(システム・サービス・アプリ) 19 (4%) 10 証券/投資銀行 15 (3%) 10 CHRO/人事責任者 6 (1%) 10 グローバル/海外事業責任者 4 (0%) 10 営業(セールス)部長/管掌 4 (0%)
11 証券/投資銀行 19 (4%) 11 CFO/経理・財務責任者 14 (3%) 11 事業統括/ビジネス統括 5 (1%) 11 M&A業務/アドバイザリー 4 (0%) 11 事業マネージャー 4 (0%)
12 営業(セールス)部長/管掌 13 (2%) 12 経営企画(事業企画)部長/管掌 14 (3%) 12 子会社/支社/拠点立ち上げ 5 (1%) 12 メディア責任者/編集長 4 (0%) 12 メディア責任者/編集長 4 (0%)
13 経営企画(事業企画)部長/管掌 11 (2%) 13 エンジニア/開発(システム・サービス・アプリ) 12 (2%) 13 営業(セールス)部長/管掌 4 (0%) 13 サービス運営/CS(カスタマーサクセス/サポート)責任者 3 (0%) 13 4 (0%)
14 子会社/支社/拠点立ち上げ 10 (2%) 14 CMO/マーケティング責任者 12 (2%) 14 グローバル/海外事業責任者 4 (0%) 14 営業(セールス)部長/管掌 3 (0%) 14 CFO/経理・財務責任者 3 (0%)
15 経営企画(事業企画) 9 (1%) 15 アライアンス 12 (2%) 15 CIO 4 (0%) 15 事業マネージャー 3 (0%) 15 VC/投資ファンド 3 (0%)

経験フェーズ分析



検索結果 386 件
2つ前のキャリア 直前のキャリア 「COO/副社長」時の企業フェーズ 次のキャリア 2つ先のキャリア
1 社内昇進/部署異動 118 (25%)
1 社内昇進/部署異動 163 (35%)
1 社内昇進/部署異動 225 (49%)
1 社内昇進/部署異動 123 (26%)
1 社内昇進/部署異動 65 (14%)
2 ベンチャー 85 (18%) 2 ベンチャー 83 (18%) 2 ベンチャー 86 (18%) 2 ベンチャー 38 (8%) 2 ベンチャー 34 (7%)
3 大手 76 (16%) 3 外資/海外勤務 48 (10%) 3 グループ会社/支社 40 (8%) 3 グループ会社/支社 37 (8%) 3 グループ会社/支社 26 (5%)
4 外資/海外勤務 53 (11%) 4 大手 47 (10%) 4 創業期 33 (7%) 4 起業 24 (5%) 4 外資/海外勤務 10 (2%)
5 グループ会社/支社 44 (9%) 5 グループ会社/支社 47 (10%) 5 共同創業者 29 (6%) 5 外資/海外勤務 17 (3%) 5 中小 6 (1%)

キャリアパス事例

徳永遼 氏 HERP 取締役,COO/副社長
略歴
経歴
京都大学法学部卒業後、新卒でビービットに入社。人材/メディア/教育/金融/等の大企業の新規事業開発支援・デジタルサービスのUX/UIのコンサルティングに5年間従事。 1,000人以上の行動観察調査・インタビューを経験。2017年3月よりHERPに参画。
篠崎新悟 氏 よりそう 取締役,COO/副社長
略歴
経歴
2002年に新卒でアリコジャパン(現:メットライフ生命)に入社し、ダイレクトマーケティングビジネスに従事。2006年に株式会社リクルートに移り、住宅領域のポータルサイト(紙・webメディア)を展開するSUUMO事業に携わる。2014年に子会社である株式会社ホームプロの代表取締役社長に就任後、2017年より株式会社リクルートの戸建・流通・請負営業統括本部の部長を歴任。「社会の不」解消に取り組むため、2019年4月に株式会社よりそうのCOOに就任。
山﨑大輔 氏 レントラックス 取締役
略歴
1981年3月8日 誕生 2003年4月 株式会社ガリバーインターナショナル(現・株式会社IDOM)入社 2004年10月 株式会社カービュー入社 2012年4月 当社入社 2014年4月 当社メディア事業部営業グループリーダー就任 2018年4月 当社副社長執行役員就任 2018年4月 株式会社Anything取締役就任(現任) 2018年6月 当社代表取締役社長就任(現任) 2018年6月 株式会社GROWTH POWER取締役就任(現任) 2018年6月 株式会社ユニバーサルメディアジャパン取締役就任(現任)
経歴
坂田淳一 氏 リバーフィールド 監査法人/内部監査
略歴
経歴
早稲田大学理工学術院大学院国際情報通信研究科博士課程修了、博士(情報通信工学) 中小企業総合事業団(現:中小機 構)、アンダーセンコンサルタンツ株式会社を経て現職。専門は、情報通信工学、情報科学、IoT、AI。 著作:CIO学概論(東京大学出版・共著)、イノベーションを加速するオープンソフトウエア(静岡大学学術出版・共著)等。現在、 医工連携による大学発ベンチャー企業で医療機器の製造販売にも携わっている。
志賀俊之 氏 スコヒアファーマ/INCJ 代表取締役/CEO,VC/投資ファンド
略歴
1976年4月 日産自動車株式会社入社 2000年4月 同社常務(執行役員) 2005年4月 同社最高執行責任者 2005年6月 同社代表取締役最高執行責任者 2010年5月 一般社団法人日本自動車工業会 会長 2013年11月 日産自動車株式会社代表取締役副会長 2014年4月 公益社団法人経済同友会副代表幹事 2015年6月 日産自動車株式会社 取締役副会長      株式会社産業革新機構代表取締役会長CEO 2016年6月 当社社外取締役(現在に至る) 2017年6月 日産自動車株式会社 取締役 2018年9月 株式会社INCJ 代表取締役会長CEO
経歴
1976年に日産自動車に入社。最初の配属先は自動車関連ではなく、マリーン事業部だった。その後、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長を歴任。1999年に日産がルノーと提携しCOOとなったカルロス・ゴーンの下、アライアンス推進室長を兼任。現場とのパイプ役として、日産リバイバルプランの立案・実行に力を振るった。 2000年から常務執行役員として一般海外市場担当として成果をあげる。 2005年4月に最高執行責任者(COO)、同年6月にCOO・代表取締役に就任した。2013年11月に代表取締役副会長に就任した。 2015年6月、産業革新機構会長に就任した[3][4][5]。機構会長就任に伴い、利益相反の批判を回避をするため日産の代表権を外れている[6]。2017年6月、産業革新機構会長を再任となる。[7]。その際、日産自動車取締役副会長を退任し、日産自動車取締役となる[8]。2018年9月、株式会社INCJ代表取締役会長[9]。 2014年[10]から2018年[11]まで、経済同友会副代表幹事、国立大学法人一橋大学社会科学の発展を考える円卓会議委員[12][13]等も歴任。 COO時代の2010年の役員報酬は1億3400万円[14]。2012年は1億5300万円[15]。
大朝毅 氏 Supership 代表取締役/CEO
略歴
1986年4月-2019年3月 KDDI 2009年〜2014年 medibaCEO · 2015年11月 Supershipホールディングス株式会社代表取締役副社長 · 2019年4月 Supership株式会社代表取締役社長CEO ·
経歴
1986年第二電電株式会社(現KDDI)入社。 2004年KDDIとエキサイトのジョイントベンチャーである株式会社Duogateを設立し、代表取締役社長に就任。2007年KDDI株式会社 コンシューマ事業統括本部 コンテンツ・メディア本部 ポータルビジネス部長を務めた後、同年、KDDI子会社の株式会社medibaの代表取締役社長に就任。2014年KDDI株式会社 新規ビジネス推進本部 副本部長を務めた後、同年、Supership代表取締役副社長に就任。その後、Supershipグループ各社の役員を歴任し、2017年よりKDDI株式会社 理事就任。2018年よりSupership株式会社 代表取締役社長CEO、Supershipホールディングス株式会社 代表取締役副社長に就任し、現在に至る。
リュウ シーチャウ 氏 FOLIO(退職) COO/副社長
略歴
2012年2月〜2015年6月 RB Brand Manager - Senior Brand Manager - Category Manager · 2017年6月〜2018年7月 Johnson & Johnson Country Director 香港 2018年7月1日から現在 FOLIO CMO 2020年1月 退社(当時副社長)
経歴
一橋大学卒。P&G、RBで複数消費財カテゴリーのマーケティングを経て、J&J Japanのマーケティング本部長に就任。全ブランドの売上及びその収益責任を負い、かつデジタル戦略を統括する。二年間で全ブランドのマーケットシェア向上を実現した後、J&J香港の現地社長として赴任、一年間でV字回復して軌道に乗せる。2018年7月より現職。
櫻井稚子 氏 トレタ 取締役,COO/副社長
略歴
2002年1月株式会社ジェンヌ(現株式会社ABC Cooking Studio)入社 2012年10月同社スタジオ戦略本部長 2013年4月同社取締役副社長 2013年7月同社代表取締役社長 2015年7月ABC Cooking Studio KOREA CO., Ltd.代表取締役社長 2017年1月株式会社NTTドコモライフサポートビジネス推進部担当部長 2018年6月オイシックス・ラ・大地株式会社 社外取締役 2018年12月株式会社トレタ社外取締役(現任) 2019年2月AI CROSS株式会社社外取締役(現任)
経歴
静岡英和女学院卒。ヨーロッパ留学、技術者派遣の企業経営を経て 2002年、株式会社ジェンヌ(現 株式会社ABC Cooking Studio)に28歳で入社し、人事部長、スタジオ戦略本部長、取締役副社長等を経て、2013年7月より代表取締役社長に就任。社長在任中は、同社のグローバル展開を推進するため、ABC Cooking Studio KOREA CO., Ltd.代表取締役社長を兼任。2017年1月、株式会社NTTドコモに入社し、ライフサポートビジネス推進部 担当部長として、同社食領域事業の実務責任者を務める(現任)。2018年よりオイシックス・ラ・大地株式会社、株式会社トレタの社外取締役も兼任(現任)。2019年2月、AI CROSS株式会社社外取締役就任。2020年3月よりAI CROSS株式会社取締役就任。
億田正貴 氏 レトリバ 取締役,COO/副社長
略歴
2008年4月1日 大日本印刷株式会社 IPS事業部 システム開発本部 カードシステム開発部 2013年8月1日 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 修士課程 M35期生 2014年4月1日 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社 アソシエイト 2017年4月20日 株式会社レトリバ エンジニア 2017年11月1日 株式会社レトリバ 経営企画室室長 2018年10月08日 株式会社レトリバ 取締役COO
経歴
2008年早稲田大学大学院理工学研究科電気情報生命専攻修士課程修了。大日本印刷でエンジニアとしてのキャリアを積んだ後、2012年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程に入学。同大学院で2014年にMBAを取得し、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)に入社。ベンチャー投資に携わっている中で、レトリバと出会い、その企業理念に惚れ込んで2017年4月にジョイン。レトリバが市場に届ける価値を最大化することをミッションに掲げ、チームを牽引する。
八坂哲雄 氏 QPS研究所 COO/副社長
略歴
東京大学工学部航空学科卒業。工学博士。 九州大学名誉教授 2006年 Frank J. Malina Astronautics Medal受賞 1972年 東京大学宇宙航空研究所 助手 1974年 NTT研究所 1994年 九州大学 教授 2003年 UNISEC 初代理事長 2005年 QPS研究所 取締役 2008年 IAF(国際宇宙航行連盟)副理事長
経歴
勝屋敏彦 氏 コインチェック 取締役,執行役員
略歴
経歴
1989年に株式会社三菱銀行に入行。2006年にマネックスグループ株式会社に入社以降、株式会社マネックスFX(現マネックス証券株式会社)の代表取締役社長、2013年6月にマネックス証券株式会社取締役、2015年6月に同社取締役副社長、11月に同社代表取締役社長、2017年10月より同社取締役。マネックスグループ株式会社では2008年に同社執行役員に就任後、2016年4月に執行役を経て、2017年6月より取締役兼執行役。2018年4月同社取締役兼常務執行役、2018年6月同社常務執行役。
桑島正治 氏 コインチェック 執行役員
略歴
1977年4月 日興証券株式会社 入社 1999年5月 日興オンライン株式会社(現マネックス証券株式会社) 取締役 2001年10月 株式会社日興コーディアルグループ 取締役 2006年1月 日興システムソリューションズ株式会社 取締役会長 2006年6月 コインチェック株式会社 取締役 2006年12月 株式会社日興コーディアルグループ 取締役兼代表執行役社長 2008年1月 同取締役副会長 2009年4月 マネックス証券株式会社 取締役 2009年6月 コインチェック株式会社 取締役 2011年2月 同取締役副会長 2012年10月 アストマックス株式会社 取締役 2013年6月 コインチェック株式会社 取締役副会長兼執行役(現任) 2019年6月 コインチェック株式会社 執行役員(現任)
経歴
1977年4月日興證券株式会社に入社、2001年10月に株式会社日興コーディアルグループ取締役となり、同社グループのテクノロジー部門を管掌。その後、2006年12月に代表執行役社長、2008年1月に取締役副会長に就任、同年12月に同社取締役を退任。当社経営には2006年6月から同年12月まで非常勤の取締役として参画し、その後2009年6月に取締役に就任、2011年2月より取締役副会長、2013年6月より取締役副会長兼執行役。
榊原知也 氏 CLUE COO/副社長
略歴
2012年4月 新日鉄住金ソリューションズ 2017年10月 株式会社CLUE 取締役COO
経歴
東京大学大学院工学系研究科修了。2012年に新日鉄住金ソリューションズ入社。Webサービスやスマートフォン向けアプリの開発を担当。中でも業界最大手モバイルPOSレジアプリの開発を中心にプロジェクトマネージャーとして従事。大規模なスクラム開発体制の構築を推進するなど新たな制度の導入を実行。最若年にして数十名規模のメンバーをまとめるなどマネジメント能力の高さを社内外から評価をうける。2017年より現職。
原田佑介 氏 ZUU 取締役
略歴
2008年4月 ベンチャー・リンク 東海エリアマネージャー 2011年4月 株式会社ディー・エヌ・エー マネージャー 2014年4月 株式会社ZUU 取締役 COO 2017年5月 株式会社ZUU 取締役員
経歴
東京都出身。2008年に早稲田大学卒業後、新卒で株式会社ベンチャー・リンクに入社し、中小企業の経営コンサルティング業務に従事。その後2011年に株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、ゲーム開発、国内外の開発会社のコンサルティング業務に従事。2014年に株式会社ZUUに参画。
園田崇 氏 ウフル 代表取締役/CEO
略歴
経歴
1995年早稲田大学政治経済学部卒業、電通入社。4年半の勤務を経て、南カリフォルニア大学(USC)大学院に進学、経営管理学修士(MBA)を取得。モルガン・スタンレー証券、日興シティグループ証券を経て、ライブドア(現LINE)執行役員副社長就任。2006年ウフルを設立。
桑田修吉 氏 ウフル(退任済み) 取締役,COO/副社長
略歴
経歴
1995年関西学院大学法学部政治学科卒業、電通入社。電通にて、プロモーション領域業務、アカウント開発、クリエーティブプロデュース、メディアリレーション、プロジェクト開発などに従事。2014年にメディアリレーション担当部長に就任。2015年株式会社ウフル取締役副社長に就任
田口政実 氏 Speee 取締役
略歴
グロービズ経営大学院卒業。 1997年4月 ナムコ(現 バンダイナムコエンターテインメント)入社 2002年5月 エディア 入社 2004年3月 同社 コンテンツ事業部長就任 2005年12月 同社 執行役員ソリューション事業部長就任 2007年3月 同社 取締役事業本部長就任 2007年5月 同社 取締役常務執行役員就任 韓国エディア・コリア(現 韓国ナビクエスト)理事就任 2009年5月 同社 社取締役経営企画室長就任 2010年3月 同社 取締役モバイルマーケティング事業部長就任 2011年3月 同社 取締役事業部長就任 2012年5月 同社 取締役副社長最高執行責任者就任 2017年  Spee入社
経歴
田中伸明 氏 フルスピード 代表取締役/CEO
略歴
2000年5月 株式会社フリービット・ドットコム(現:フリービット株式会社)設立 代表取締役副社長・最高業務責任者 2004年7月 同社 代表取締役社長・最高業務責任者 2005年7月 同社 代表取締役副社長・最高財務責任者 2010年9月 株式会社フルスピード 取締役会長 2011年5月 フリービット株式会社 取締役副社長 株式会社フルスピード 代表取締役社長 2011年6月 株式会社フォーイット 取締役 2012年6月 株式会社ギガプライズ 取締役会長 2012年7月 株式会社フォーイット 代表取締役社長 2012年8月 上海思广告有限公司 董事長 2015年2月 株式会社フルスピード 取締役会長 フリービット株式会社 代表取締役社長 2015年3月 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット 代表取締役社長 2015年5月 株式会社フォーイット 取締役会長 2015年11月 株式会社ゴージャパン 取締役 2016年9月 株式会社フリービットEPARKヘルスケア 代表取締役社長 2017年8月 株式会社医療情報基盤 代表取締役会長 Go Japan株式会社 取締役 2018年7月 株式会社フルスピード 取締役(現任) 2018年9月 株式会社アルク 代表取締役社長
経歴
川村憲司 氏 日本駐車場開発 代表取締役/CEO
略歴
1999年3月 日本駐車場開発株式会社 入社 1999年10月 同社 常務取締役 2007年10月 同社 取締役副社長(現任) 2009年6月 BMS㈱ 取締役 2010年8月 日本スキー場開発㈱ 取締役 2010年9月 NPDGLOBALCO.,LTD.Presidentand CEO(現任) 2010年10月 NIPPONPARKINGDEVELOPMENT(THAILAND)CO.,LTD. 2011年1月 SIAMNIPPONPARKINGSOLUTIONSCO.,LTD. Director 2011年6月 邦駐(上海)停車場管理有限公司 董事(現任) 2011年12月 SIAMNIPPONPARKINGSOLUTIONSCO.,LTD.Presidentand CEO(現任) 2015年3月 PT.NPDSOLUTIONSINDONESIA Director (現任) NPDHealthcare Service (Thailand )Co .,LTD.Presidentand CEO 2015年10月 日本からだ開発㈱取締役(現任) NPDHealthcare Service (Thailand )Co .,LTD. Director (現任) 2017年11月 日本スキー場開発㈱ 取締役 2018年12月 NIPPONPARKINGDEVELOPMENT(THAILAND)CO.,LTD.Founder Chairman (現任) 2019年4月 日本からだ開発㈱代表取締役社長(現任)
経歴
1991年日本駐車場開発入社。 商社勤務時代は鉄の輸出で世界中を飛び回り、 販売記録を更新するなど常に営業の最前線で活躍。 日本駐車場開発入社後は、持ち前の営業力で 新しいビルオーナーを開拓し、今の駐車場事業の地盤を作った。
奥村淳児 氏 Showcase Gig 取締役,COO/副社長,代表取締役/CEO
略歴
情報なし
経歴
米国KPMG LLPにて監査業務に従事後、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーにて企業調査・日本株投資、世界最大手プライベートエクイティファンド及びヘッジファンドで上場・未公開株式投資に従事。キャリアを通して、セル・バイサイド双方において多様な金融事情に精通。2018年、SENSY株式会社にて取締役CFO兼Co-COOに就任。2019年7月より取締役COO兼Co-CFOとして株式会社Showcase Gigに参画。
中島泰 氏 entrepedia 執行役員,COO/副社長
略歴
情報なし
経歴
埼玉大学大学院を修了後、創業直後のユーザベースに参画。エンジニア兼デザイナーとしてSPEEDAの開発に従事。SPEEDA Techチームのグローバル開発の責任者を経て、2017年7月からジャパンベンチャーリサーチへ。PMIや組織作りに従事し、2018年1月に執行役員COOに就任。
田口槙吾 氏 FORCAS 執行役員,CFO/経理・財務責任者
略歴
情報なし
経歴
1984年生まれ 北海道出身。学生時代から人材ベンチャーやITベンチャーで新規事業を立ち上げる。2014年からクラウド名刺管理サービスSansanにてセールスマネジャーとして新規開拓チームを牽引した後、LTV最大化をミッションとしたリニューアルセールスチームを立ち上げる。2016年にユーザベースへ参画し、SPEEDAセールスチームを経て、FORCASの営業責任者として着任し、クライアントのABM(アカウントベースドマーケティング)の実践支援に従事。2018年にFORCAS 執行役員 COO(Chief Operating Officer)を経て、2019年よりFORCAS 執行役員 CRO(Chief Revenue Officer)に着任。
今村和広 氏 FORCAS 執行役員,COO/副社長
略歴
情報なし
経歴
ソフトバンクグループを経て、2004年に株式会社セールスフォース・ドットコムに入社。インサイドセールス、首都圏地域の直販営業を経て、2011年より九州・沖縄地区を皮切りに地方成長市場の立ち上げに従事。2014年以降は首都圏営業部門のマネジメント、インサイドセールス本部長、コマーシャル営業 執行役員 第1営業本部長を歴任。2019年3月末にてコマーシャル営業 執行役員を退任。2019年4月より株式会社FORCAS 執行役員CCO(Chief Customer Officer)に就任。
松島稔 氏 Fringe81 取締役
略歴
1982年8月24日 誕生 2006年4月 ㈱ネットエイジ 入社 2007年11月 ㈱RSS広告社(現 当社) 入社 2013年7月 当社 取締役(現任) 2017年9月 ㈱Oneteam 社外取締役(現任) 2018年3月 Unipos㈱ 取締役(現任)
経歴
2006年株式会社ネットエイジ(現ユナイテッド)に新卒第1期生として入社。同年、Fringe81株式会社へ出向し、創業時より営業組織開発・新規事業/商品開発・事業アライアンスに従事。Fringe81がマネジメントバイアウト後、2013年7月より取締役COOに就任。広告事業/新規事業を統括。2018年4月 Unipos株式会社取締役に就任。
久夛良木健 氏 GA technologies 教員/教授
略歴
昭和50年4月 ソニー株式会社入社 平成5年11月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)取締役就任 平成11年4月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役就任 平成12年6月 ソニー株式会社取締役就任 平成15年11月 ソニー株式会社取締役副社長兼COO就任 平成18年12月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役会長兼グループCEO就任 平成19年6月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)名誉会長就任 平成19年6月 ソニー株式会社シニア・テクノロジーアドバイザー(現任) 平成21年10月 サイバーアイ・エンタテインメント株式会社代表取締役CEO(現任) 平成22年3月 楽天株式会社社外取締役(現任) 平成23年6月 株式会社ノジマ社外取締役(現任) 平成29年8月 アセント・ロボティックス株式会社 社外取締役(現任) 平成30年1月 当社社外取締役就任(現任)
経歴
1950年、東京生まれ。1975年ソニー株式会社入社。第一開発部、情報処理研究所を経て1993年、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント設立。「プレイステーション」「プレイステーション2」「プレイステーション・ポータブル」「プレイステーション3」などの一連のプレイステーションフォーマットを生み出し、「プレイステーションの父」と称される。1999年、同社代表取締役社長、2006年、同社会長兼グループCEO、2007年、同社名誉会長を歴任。同時に、2000年にソニー株式会社取締役に就任。2003年にソニー株式会社副社長兼COOを兼任し、2007年の現役引退以降はシニアテクノロジーアドバイザーとして後進の育成に努めると同時に、2009年、自身の会社であるサイバーアイ・エンタテインメント株式会社を設立、代表取締役社長兼CEOに就任。現在、楽天株式会社、株式会社マーベラス、株式会社ノジマの社外取締役、立命館大学経営大学院客員教授、電気通信大学特別客員教授に就任。
荒波修 氏 ソウルドアウト 代表取締役/CEO
略歴
情報なし
経歴
1971年生まれ。外資系のハードウェア・ソフトウェア会社などを経て、2007年 オーバーチュア株式会社に入社。2008年 ヤフー株式会社へ転籍し、2013年4月、同社執行役員に就任。2016年4月、株式会社GYAO代表取締役社長に就任。2018年3月より当社取締役COOに就任。2019年3月より代表取締役社長CEO(=Chief Executive Officer、最高経営責任者)に就任。
伊藤雄剛 氏 ソウルドアウト COO/副社長
略歴
情報なし
経歴
1978年生まれ。グロービス経営大学院(MBA)修了。2006年に株式会社オプトに入社。2010年ソウルドアウトの立ち上げに参画。西日本営業部長を経て、2013年に株式会社サーチライフの取締役に就任。ヤフー株式会社との資本提携、株式会社電通デジタル・ホールディングスとのJVを設立。2016年に当社執行役員で営業管掌、2018年よりメディア・テクノロジー開発を管掌。2019年3月より取締役COO(=Chief Operating Officer、最高執行責任者)に就任。
松山奨 氏 UUUM ―
略歴
情報なし
経歴
2003年、大学卒業後に松屋銀座へ入店。2005年に楽天株式会社に転職しECコンサルタントとして楽天市場のすべてのジャンルを担当。同社支社立ち上げ責任者や営業部長を歴任後、2012年ジャスダック上場のスタイライフ株式会社取締役副社長に就任し、楽天グループへのPMI責任者として黒字化を果たす。その後、スタイライフ事業長、楽天市場事業ファッションジャンル領域全てを統括する事業部長となる。2017年、動画ビジネスを通じて世界をエンパワーメント出来ると感じ、UUUM株式会社入社。
下川剛司 氏 ピアラ 経営管理部長/管掌
略歴
1998年6月 株式会社朝日アーサーアンダーセン 入社 2002年8月 日亜化学工業株式会社 入社 2007年10月 株式会社ハドソン 入社 2008年4月 Hudson Entertainment 副社長就任 2012年6月 株式会社gloops 入社gloops international CFO就任 2013年9月 CROOZ株式会社 入社 2016年10月 Williamson Dickies Japan合同会社 入社 2017年7月 Williamson Dickies Japan合同会社 管理本部部長就任 2018年10月 当社入社
経歴
1998年にアーサーアンダーセンに入社後、2002年に日亜化学工業に入社。その後、数々の会社を渡り歩き、現在に至る。取締役
伊藤彰 氏 チェンジ 取締役,執行役員,COO/副社長,事業部長/責任者
略歴
1998年4月 アンダーセンコンサルティング㈱(現アクセンチュア㈱)入社 2003年4月 当社設立取締役 2015年12月 当社取締役兼執行役員副社長Mobile & Sensing Applicationユニット長 2018年10月 当社取締役兼執行役員副社長NEW-ITユニット長(現任)
経歴
情報なし
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析