「CSO/戦略責任者」のキャリアパス分析

  
検索結果:72 件

■CSO/戦略責任者のファーストキャリア CSO/戦略責任者38人のファーストキャリアを見ると、大手出身の比率が高い。この多くは大手外資戦略コンサルであった。 1. 大手 19人 50.0% 2. ベンチャー 8人 21.1% 3. 外資/海外勤務 7人 18.4% 4. 中小 2人 5.3% 5. 創業期 2人 5.3% 6. 起業 2人 5.3% 同様に職種を見ると、コンサル出身が最も多いが、新規事業や営業などの叩き上げ系、金融出身も同程度を占めている。 1. コンサル/シンクタンク 6人 15.8% 2. 新規事業/ビジネス開発・推進 5人 13.2% 3. 営業(セールス) 5人 13.2% 4. 経営企画(事業企画) 3人 7.9% 5. マーケティング 3人 7.9% 6. 経理財務/会計 3人 7.9% 7. 銀行 3人 7.9% 8. 代表取締役/CEO 2人 5.3% ■CSO/戦略責任者になるまでの経験・キャリアパス 「ファーストキャリアからCSO/戦略責任者になるまで」を同様に集計すると、ベンチャー勤務の比率が大きく上昇している。大手とベンチャーを両方経験している比率は約50%であった。 1. 大手 24人 63.2% 2. ベンチャー 21人 55.3% 3. 外資/海外勤務 19人 50.0% 4. 社内昇進/部署異動 12人 31.6% 5. メガベンチャー 8人 21.1% 6. グループ会社/支社 8人 21.1% 7. 中小 5人 13.2% 8. 創業期 5人 13.2% 9. 起業 4人 10.5% 10. 売却 4人 10.5% 同様に経験職種を見ると、ファーストキャリアとほぼ同じ職種が占めており、コンサル・新規事業・経営企画もしくは社長室というのが主になっている。また、CEOやCOOなど、CSOの約3人に1人は何らかのCxO経験者であった。 1. コンサル/シンクタンク 12人 31.6% 2. 新規事業/ビジネス開発・推進 11人 28.9% 3. 経営企画(事業企画) 8人 21.1% 4. M&A業務/アドバイザリー 7人 18.4% 5. 代表取締役/CEO 6人 15.8% 6. 取締役 6人 15.8% 7. COO/副社長 6人 15.8% 8. 営業(セールス) 6人 15.8% 9. 事業部長/責任者 5人 13.2% 10. グローバル/海外事業展開 5人 13.2% ■CSO/戦略責任者へのなり方 CSO/戦略責任者へのなり方を見ると、CFOと近しく、共同創業~創業期の比率が低いのが特徴である。 * 社内昇進/部署異動 18人 47.4% * ベンチャー 13人 34.2% * 創業期 2人 5.3% * メガベンチャー 2人 5.3% 大きく分けると以下の3つのパスが存在するようである。 ・コンサル→経営企画→CSO ・事業立ち上げ→事業部長→事業統括→CSO:叩き上げ型 ・創業期→CxO(COOやCFO、CTO)→CSO:CxOからより上流へ ・起業(CEO)→売却してベンチャーへ→CSO:顧問的な立ち位置 ■CSO/戦略責任者とよく兼務される職種 CSOは取締役の場合と執行役員の場合がおおよそ半々である。CxOの中では最も執行役員である比率が高い。経営企画や社長室の統括をしているケースが多く、CFO兼CSOとして財務+経営+戦略をすべて統括しているというスーパーな事例もある。 1. 取締役 16人 42.1% 2. 執行役員 13人 34.2% 3. CFO/経理・財務責任者 4人 10.5% 4. 経営企画(事業企画)部長/管掌 2人 5.3% 5. 社長室長 2人 5.3% 6. 社外取締役/顧問 1人 2.6% ■CSO/戦略責任者とは?CEOやCOO、CFOとの役割の違いについて CSOの正式名称はChief Strategy Officer、日本語訳で「最高戦略責任者」であり、主に中長期視点での戦略に責任を持つ役員を指す。一口に「中長期での戦略面に責任を持つ」と言えども、CxOの中でも最も様々な側面を併せ持つ。CEO、COO、CFOなどと密接な接点を持ち、より上流・より中長期の立ち位置であることが特徴で、相談役的な側面も強い。 CEO vs CSOでは、CSOはCEOの相談役して機能し、「CSOが戦略立案→CEOが意思決定」という役割分担が一般的である。コンサルや経営企画の役回りに近く、実際にその出身者も多い。子会社CEOの統括や事業部長の相談役としても機能する。ただし、現実にはCEOとCSOの境目は曖昧であり、CSOはミニCEOとも呼ばれたり、後述するがCSO→CEOというパスを歩むものも多い。 COO vs CSOでも、CSOはCOOの相談役して機能し、「CSOが戦略立案→COOが実行」という役割分担が一般的であるが、COOの特性に応じて補完的に動くことも少なくない。COOが新規事業が得意であれば、CSOは中長期と財務寄りに。COOが技術や財務寄りであれば、CSOは事業統括寄りにという具体である。こちらも境目は曖昧であり、COO→CSO、CSO→COOというパスや、COO兼CSOというケースも珍しくない。 CFO vs CSOでは、中長期の計画を立てるという点では共通しており、「CSOがビジネス面、CFOが財務面」という役割分担をするケースが一般的である。特にM&Aや投資時などではより密接に連携する。CSOが設定されるまではCFOが唯一中長期の視点を持っていることもあり、CFOがCSOの機能を担っているケースもある。また、COOと同様に、CFO→CSO、CSO→CFOというパスや、CFO兼CSOというケースも珍しくない。 ■CSO/戦略責任者後のキャリアパス CSO/戦略責任者になった後の行き先を見ると、他のCxOと同様であり、社内もしくはグループ会社に役割を変えながら残るパスが最も多い。次点が別の企業のCSOを歴任、起業と続く。 1. 社内昇進/部署異動 12人 31.6% 2. ベンチャー 7人 18.4% 3. グループ会社/支社 5人 13.2% 4. 起業 2人 5.3% 職種を見ると、CSO→CEOが最も多く、これはCSOの大きな特徴である。本体CFO→子会社CEOを歴任するというのがよくあるパスであるまた、ベンチャーの社外顧問を歴任するというある種コンサル的な働き方も珍しくなく、これも大きな特徴である。CSO→COO、CSO→CFOというパスも存在し、この辺りは可逆的に流動的のようである。 1. 代表取締役/CEO 10人 26.3% 2. 取締役 5人 13.2% 3. 社外取締役/顧問 5人 13.2% 4. COO/副社長 5人 13.2% 5. 執行役員 4人 10.5% 6. CFO/経理・財務責任者 4人 10.5% 7. CSO/戦略責任者 3人 7.9% 8. 事業部長/責任者 2人 5.3% ※調査対象は、直近5年の上場企業、大型調達(5億円以上)ベンチャー、売却エグジットしたベンチャーの役員・元役員 ※公式HP、有価証券報告書、SNS、インタビュー記事などの情報を元に作成 ※具体的な「CSO/戦略責任者」のキャリアパス事例は本ページ下よりご覧ください

経験職種分析



検索結果 72 件
2つ前のキャリア
直前のキャリア
「CSO/戦略責任者」と同時に
経験されている職種
次のキャリア
2つ先のキャリア
1 取締役 14 (16%) 1 取締役 16 (19%) 1 CSO/戦略責任者 84 (100%) 1 取締役 20 (23%) 1 取締役 12 (14%)
2 コンサル/シンクタンク 10 (11%) 2 10 (11%) 2 取締役 35 (41%) 2 代表取締役/CEO 9 (10%) 2 代表取締役/CEO 8 (9%)
3 7 (8%) 3 執行役員 10 (11%) 3 執行役員 28 (33%) 3 COO/副社長 7 (8%) 3 COO/副社長 5 (5%)
4 COO/副社長 7 (8%) 4 COO/副社長 9 (10%) 4 COO/副社長 9 (10%) 4 執行役員 7 (8%) 4 社外取締役/顧問 4 (4%)
5 証券/投資銀行 6 (7%) 5 事業部長/責任者 7 (8%) 5 CFO/経理・財務責任者 5 (5%) 5 CSO/戦略責任者 6 (7%) 5 CSO/戦略責任者 3 (3%)
6 新規事業/ビジネス開発・推進担当 6 (7%) 6 企業戦略 7 (8%) 6 社長室長 3 (3%) 6 CFO/経理・財務責任者 5 (5%) 6 執行役員 3 (3%)
7 企業戦略 6 (7%) 7 CSO/戦略責任者 6 (7%) 7 CMO/マーケティング責任者 3 (3%) 7 社外取締役/顧問 4 (4%) 7 CFO/経理・財務責任者 2 (2%)
8 M&A業務/アドバイザリー 5 (5%) 8 コンサル/シンクタンク 6 (7%) 8 M&A業務/アドバイザリー 2 (2%) 8 事業部長/責任者 3 (3%) 8 CMO/マーケティング責任者 1 (1%)
9 代表取締役/CEO 5 (5%) 9 代表取締役/CEO 6 (7%) 9 経営企画(事業企画)部長/管掌 2 (2%) 9 CHRO/人事責任者 3 (3%) 9 子会社/支社/拠点立ち上げ 1 (1%)
10 執行役員 5 (5%) 10 経営企画(事業企画) 4 (4%) 10 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 2 (2%) 10 企業戦略 3 (3%) 10 事業部長/責任者 1 (1%)
11 営業(セールス) 4 (4%) 11 新規事業/ビジネス開発・推進担当 4 (4%) 11 CHRO/人事責任者 2 (2%) 11 CMO/マーケティング責任者 3 (3%) 11 サービス運営/CS(カスタマーサクセス/サポート)責任者 1 (1%)
12 経営企画(事業企画) 3 (3%) 12 証券/投資銀行 3 (3%) 12 投資業務/投資家 1 (1%) 12 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者 2 (2%) 12 事業マネージャー 1 (1%)
13 CSO/戦略責任者 3 (3%) 13 子会社/支社/拠点立ち上げ 3 (3%) 13 VC/投資ファンド 1 (1%) 13 経営管理部長/管掌 1 (1%) 13
14 VC/投資ファンド 2 (2%) 14 M&A業務/アドバイザリー 2 (2%) 14 社外取締役/顧問 1 (1%) 14 経理財務/会計マネージャー 1 (1%) 14
15 投資業務/投資家 2 (2%) 15 グローバル/海外事業展開 2 (2%) 15 人事コンサル 1 (1%) 15 CIO 1 (1%) 15

経験フェーズ分析



検索結果 72 件
2つ前のキャリア 直前のキャリア 「CSO/戦略責任者」時の企業フェーズ 次のキャリア 2つ先のキャリア
1 外資/海外勤務 18 (21%)
1 社内昇進/部署異動 20 (23%)
1 社内昇進/部署異動 44 (52%)
1 社内昇進/部署異動 29 (34%)
1 社内昇進/部署異動 13 (15%)
2 大手 17 (20%) 2 ベンチャー 20 (23%) 2 ベンチャー 23 (27%) 2 グループ会社/支社 7 (8%) 2 グループ会社/支社 7 (8%)
3 社内昇進/部署異動 17 (20%) 3 大手 15 (17%) 3 創業期 4 (4%) 3 ベンチャー 6 (7%) 3 ベンチャー 5 (5%)
4 ベンチャー 11 (13%) 4 外資/海外勤務 15 (17%) 4 グループ会社/支社 3 (3%) 4 創業期 3 (3%) 4 起業 2 (2%)
5 中小 9 (10%) 5 グループ会社/支社 10 (11%) 5 メガベンチャー 2 (2%) 5 大手 2 (2%) 5 メガベンチャー 1 (1%)

キャリアパス事例

山岸広太郎 氏 グリー 代表取締役/CEO
略歴
1999年4月 株式会社日経BP入社 2003年1月 シーネットネットワークスジャパン株式会社(現:朝日インタラクティブ株式会社)入社 2004年12月 グリー株式会社 取締役副社長 2010年8月 同社 取締役 執行役員 副社長 メディア企画本部長 2010年12月 同社 取締役 執行役員 副社長 ソーシャルアプリケ-ション事業本部長(メディア企画本部長兼務) 2011年7月 同社 取締役 執行役員 副社長 事業戦略本部長 2013年7月 同社 取締役 執行役員 副社長 事業戦略本部長兼メディア事業本部長 2013年11月 同社 取締役 執行役員 副社長 Web Game事業統括本部長 2014年9月 同社 取締役 執行役員 副社長 2014年9月 同社 取締役 副会長 2015年9月 同社 取締役(現任) 2015年12月 株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ 代表取締役社長(現任)
経歴
1999年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、株式会社日経BPに入社。2003年1月にシーネットネットワークスジャパン株式会社(現:朝日インタラクティブ株式会社)に入社し、『CNET Japan』編集長に就任。2004年12月、グリー株式会社 取締役 副社長に就任。その後副会長を経て、現在、取締役(非常勤)
五十島啓人 氏 GMOペパボ 取締役
略歴
2004年12月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所 2008年8月 公認会計士登録 2013年1月 株式会社エスコ入社 2014年2月 GMOペパボ株式会社 入社 2014年3月 同社 取締役経営戦略部長 2015年3月 同社 取締役経営戦略部副部長 2016年1月 同社 取締役経営戦略部長 2017年3月 同社 常務取締役HR統括部長(現任) 2019年3月 GMOクリエイターズネットワーク株式会社 取締役(現任)
経歴
安田昌史 氏 GMOペパボ 取締役
略歴
2000年4月 公認会計士登録 インターキュー株式会社(現 GMOインターネット株式会社)入社 2001年9月 同社 経営戦略室長 2002年1月 アイウェブテクノロジー株式会社(現GMOメディア株式会社)監査役 2002年3月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)取締役経営戦略室長 2003年3月 同社 常務取締役グループ経営戦略担当兼IR担当 株式会社アイル(現GMOクラウド株式会社)取締役(現任) 2004年3月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)常務取締役管理部門統括・グループ経営戦略・IR担当 2004年12月 株式会社カードコマースサービス(現GMOペイメントゲートウェイ株式会社)監査役(現任) 2005年3月 GMOペパボ株式会社 監査役 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)専務取締役管理部門統括・グループ経営戦略・IR担当 2006年9月 GMOリサーチ株式会社 監査役 2008年3月 株式会社まぐクリック(現GMOアドパートナーズ株式会社)取締役(現任) 2008年5月 GMOインターネット株式会社 専務取締役グループ管理部門統括 2009年4月 株式会社イノベックス(現GMO TECH株式会社)監査役 2011年6月 GMOクリック証券株式会社 取締役 2012年1月 GMOクリックホールディングス株式会社 取締役(現任) 2013年3月 GMOインターネット株式会社 専務取締役グループ代表補佐グループ管理部門統括 2015年3月 GMOインターネット株式会社 取締役副社長グループ代表補佐グループ管理部門統括(現任) 2016年3月 GMOリサーチ株式会社 取締役(現任) GMOメディア株式会社 取締役(現任) GMO TECH株式会社 取締役(現任) GMOペパボ株式会社 取締役(現任)
経歴
1994年早稲田大学法学部を卒業後、KPMGセンチュリー監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)へ入所。外資系金融機関の監査業務やM&Aのデューデリジェンス等に従事する。2000年にGMOインターネット株式会社に入社。2002年取締役経営戦略室長、2003年常務取締役を歴任し、2005年同社専務取締役に就任。グループ企業のGMOペイメントゲートウェイ、paperboy&co.、GMOクラウド、GMOアドパートナーズ、GMOクリック証券などの役員も兼任する。GMOインターネットグループにおける数多くのグループ会社IPO・ファイナンス等の資本政策や、M&A・資本提携案件に携わる。現在はGMOインターネットグループの管理部門統括役員として主にCFO業務を管掌する。公認会計士。
名和俊輔 氏 GMOペパボ 経営企画(事業企画),投資業務/投資家
略歴
2008年12月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所 2012年2月 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース入社 2012年5月 株式会社ANAP 入社 2015年6月 GMOペパボ株式会社 入社 経営戦略部経理財務チームマネージャー 2015年7月 公認会計士登録 2016年3月 同社 経理財務部長 2017年3月 同社 執行役員 経営戦略部長(現任) 2018年7月 同社 投資戦略室長(現任)
経歴
長谷部潤 氏 コロプラ(退任済み) 社外取締役/顧問
略歴
1990年 大和証券 入社 2000年 大和総研 入社 証券アナリスト 2009年 大和証券エスエムビーシー(現 大和証券)金融証券研究所転籍 2010年 コロプラ 取締役就任 2013年 ソーシャルゲームインフォ株式会社 代表取締役社長 2020年 dely株式会社 社外取締役
経歴
1990年に大和証券入社。2000年に大和総研転籍。インターネット草創期からのセクターアナリストとして活躍し、各種アナリストランキングでは例年1位もしくは2位を獲得。2010年に株式会社コロプラに転身。同社取締役最高戦略責任者(CSO)および最高財務責任者(CFO)に就任。2013年3月より、ソーシャルゲームインフォ株式会社代表取締役社長を兼任。おでかけ研究所主席研究員(所長はクマ)を兼任。
水野聡志 氏 イルグルム(ロックオン) 新規事業(ビジネス開発)掌握/責任者
略歴
経歴
株式会社オプトにてクリエイティブディレクター、株式会社ぐるなびにて新規事業推進を経験したのち、2013年、株式会社イルグルムに入社。 当時、新規事業であった「THREe」の拡販に携わり、事業の成長に大きく貢献する。 その後、主力サービスである「アドエビス」の営業マネージャーとして、事業の拡大を推進。 2018年10月、執行役員CSOに就任。2019年10月事業開発室長に就任。
有澤克己 氏 GMOインターネット 取締役,CFO/経理・財務責任者,グローバル/海外事業展開,CHRO/人事責任者
略歴
1999年5月 インターキュー株式会社(現GMOインターネット株式会社)入社 2001年7月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)経営戦略室マネージャー 2001年9月 税理士登録 2003年3月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)グループ経営戦略室長 2004年4月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)グループ経営戦略本部長 2005年3月 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)取締役グループ経営戦略本部長 2008年3月 株式会社まぐクリック(現GMOアドパートナーズ株式会社)社外監査役 2008年5月 GMOインターネット株式会社 取締役グループ財務本部長 2009年10月 GMOインターネット株式会社 取締役グループ財務部長 2016年3月 GMOアドパートナーズ株式会社 取締役(現任) 2016年3月 GMOインターネット株式会社 常務取締役グループ財務担当兼グループ人事部長 2017年5月 GMOインターネット株式会社 常務取締役グループ財務担当兼グループ国際化支援室担当兼グループ人事部長(現任)
経歴
辻秀樹 氏 東京大学エッジキャピタル(UTEC) 取締役
略歴
経歴
東京大学法学部卒業後、通商産業省を経て、ヴィジョンアーツ株式会社にCOOとして知的財産を中核にした戦略立案・事業開発を統括し、ソニー株式会社へのM&Aを実現。ペンシルベニア大学ロースクール修士課程・ロンドンビジネススクール修士課程修了後、2006年8月にUTEC参画。
高宮慎一 氏 グロービスキャピタルパートナーズ 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
戦略コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、プロジェクト・リーダーとしてITサービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主導した後、2008年9月グロービス・キャピタル・パートナーズ入社。2012年7月同社パートナー就任。2013年1月同社パートナーおよび最高戦略責任者(CSO)就任。2019年1月代表パートナー就任、現在に至る。 東京大学経済学部卒(卒論特選論文受賞)、ハーバード大学経営大学院MBA修了(二年次優秀賞)。
木村亮太 氏 ウェルモ 執行役員,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
東京都出身。明治大学経営学部卒。祖母の認知症をきっかけに介護の世界へ。卒業後、IT営業職、介護職を経て、富士通にて新規事業開発に取組む。ミッションである「利用者本位の実現」に共感し、ウェルモへ入社。
櫻井稚子 氏 トレタ 取締役,COO/副社長
略歴
2002年1月株式会社ジェンヌ(現株式会社ABC Cooking Studio)入社 2012年10月同社スタジオ戦略本部長 2013年4月同社取締役副社長 2013年7月同社代表取締役社長 2015年7月ABC Cooking Studio KOREA CO., Ltd.代表取締役社長 2017年1月株式会社NTTドコモライフサポートビジネス推進部担当部長 2018年6月オイシックス・ラ・大地株式会社 社外取締役 2018年12月株式会社トレタ社外取締役(現任) 2019年2月AI CROSS株式会社社外取締役(現任)
経歴
静岡英和女学院卒。ヨーロッパ留学、技術者派遣の企業経営を経て 2002年、株式会社ジェンヌ(現 株式会社ABC Cooking Studio)に28歳で入社し、人事部長、スタジオ戦略本部長、取締役副社長等を経て、2013年7月より代表取締役社長に就任。社長在任中は、同社のグローバル展開を推進するため、ABC Cooking Studio KOREA CO., Ltd.代表取締役社長を兼任。2017年1月、株式会社NTTドコモに入社し、ライフサポートビジネス推進部 担当部長として、同社食領域事業の実務責任者を務める(現任)。2018年よりオイシックス・ラ・大地株式会社、株式会社トレタの社外取締役も兼任(現任)。2019年2月、AI CROSS株式会社社外取締役就任。2020年3月よりAI CROSS株式会社取締役就任。
田中正道 氏 ウフル(退任済み) 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
1996年米国 Rutgers University 卒業、キヤノン株式会社入社。ソニー株式会社、日本マイクロソフト株式会社を経て、2009年には、青山学院大学大学院国際マネージメント研究科を卒業(MBA)。2010年BULB株式会社を設立。2013年株式会社ウフルとの経営統合、取締役CSO就任。
田中伸明 氏 フルスピード 代表取締役/CEO
略歴
2000年5月 株式会社フリービット・ドットコム(現:フリービット株式会社)設立 代表取締役副社長・最高業務責任者 2004年7月 同社 代表取締役社長・最高業務責任者 2005年7月 同社 代表取締役副社長・最高財務責任者 2010年9月 株式会社フルスピード 取締役会長 2011年5月 フリービット株式会社 取締役副社長 株式会社フルスピード 代表取締役社長 2011年6月 株式会社フォーイット 取締役 2012年6月 株式会社ギガプライズ 取締役会長 2012年7月 株式会社フォーイット 代表取締役社長 2012年8月 上海思广告有限公司 董事長 2015年2月 株式会社フルスピード 取締役会長 フリービット株式会社 代表取締役社長 2015年3月 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット 代表取締役社長 2015年5月 株式会社フォーイット 取締役会長 2015年11月 株式会社ゴージャパン 取締役 2016年9月 株式会社フリービットEPARKヘルスケア 代表取締役社長 2017年8月 株式会社医療情報基盤 代表取締役会長 Go Japan株式会社 取締役 2018年7月 株式会社フルスピード 取締役(現任) 2018年9月 株式会社アルク 代表取締役社長
経歴
美濃部哲也 氏 ソウルドアウト 取締役,CMO/マーケティング責任者
略歴
情報なし
経歴
1969年生まれ。1993年に株式会社電通に入社。その後、株式会社サイバーエージェント常務取締役、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ取締役、タビオ株式会社執行役員、株式会社ベクトル執行役員などを経て、2017年3月に当社に執行役員CSOとして参画。2018年3月より当社取締役CMO(=Chief Marketing Officer、最高マーケティング責任者)に就任。
山下康文 氏 チームスピリット 取締役
略歴
1977年10月30日生まれ 2001年4月 サン・マイクロシステムズ株式会社 入社 2010年6月 日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社(現 日本オラクルインフィメーションシステムズ合同会社) 入社 2019年9月 チームスピリット 入社 戦略企画室 室長(現任) 2019年11月 同社 取締役(現任)
経歴
2001年サン・マイクロシステムズ株式会社に入社。流通・サービス業向けのエンタープライズ営業を担当。2010年経営統合により日本オラクルインフォメーションシステムズ合同会社に入社(日本オラクルへ出向)。1年間の営業担当の後、日本オラクル全体の事業戦略、社長補佐、アプリケーション事業のオペレーションを担当。2019年9月当社に戦略企画室長として入社。2019年11月より取締役就任。
香山美奈子 氏 カカクコム 執行役員,CCO/コンテンツ責任者
略歴
2000年4月 McKinsey & Company マネージャー 2008年7月 Yahoo! JAPAN 2015年9月 GLADD株式会社 戦略担当 2016年1月 GLADD株式会社 執行役員 CSO 2016年7月 GLADD株式会社 執行役員 COO 兼 カスタマーサービス部 部長 2017年1月 GLADD株式会社 執行役員 CSO 兼 カスタマーサービス部 部長 2018年7月 株式会社ミスミ VONA事業革新本部PMO室長 2019年6月 株式会社ミスミ VONA・EC推進本部長補佐 2019年11月 株式会社カカクコム 執行役員 食べログメディア本部長
経歴
情報なし
飯田修三 氏 GA technologies 執行役員,CSO/戦略責任者
略歴
情報なし
経歴
兵庫県姫路市出身。大学から感謝賞受賞。 中学高校保健体育教員免許を所有。 学生時代は16年間、相撲部に所属、心技体を磨き、大学在籍中には幾度もチームの日本一に貢献する。 日体大相撲部在籍時、2つ上の先輩には大相撲 幕内 千代大龍関 、2つ下には北勝富士関がいる。 新卒からセールスを経験。 年間トップセールスに輝き、販売実績の歴代記録、連月記録などを幾つも更新する。 自身でCS(カスタマーサクセスセンター)の立ち上げも経験を行う。 本社でマネージメントを経験後 大阪支社 支社長として最高売り上げに貢献する。 2019年11月執行役員 CSO就任。
梶桃郎 氏 INFORICH CSO/戦略責任者,CMO/マーケティング責任者
略歴
情報なし
経歴
アクセンチュアのエグゼクティブとして国内外のプロジェクトを牽引。 その後、サンフランシスコのITベンチャーのエグジットや、国内一部上場の関連会社役員を経て、snap社の国内初プロジェクトやROKJAPAN社、#tagboard社など数多くの海外ベンチャー企業の日本上陸および国内オペレーションの立ち上げを支援。
杉野幹人 氏 NewsPicks 教員/教授
略歴
取締役副社長 CSO(Chief Strategy Officer)
経歴
東京工業大学工学部卒業、INSEAD MBA修了、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。NTTドコモ、A.T. カーニーを経てNewsPicksに参画。東京農工大学の学長付特任教授、A.T. カーニーのCMTアドバイザーも兼業。文部科学省のリカレント教育の事業審査員も務める。著書に「超・箇条書き」(ダイヤモンド社)、「使える経営学」(東洋経済新報社)等
二井矢祥 氏 エボラブルアジア 執行役員,CSO/戦略責任者
略歴
2009年 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社入社。 2015年 アクセンチュア株式会社入社。 2019年5月 当社執行役員CSO就任。
経歴
二井矢氏は、デロイトトーマツコンサルティング、アクセンチュアにて、戦略コンサルタントとして、日本を代表する企業の経営層が抱える経営上の課題解決や各種プロジェクト推進に従事して参りました。アクセンチュアでは、Strategy(戦略コンサルティング本部)のPrincipal Director(統括責任者)を務めておりました。 特にデジタル・テクノロジー×事業戦略というテーマに強みを持ち、数多くの大規模プロジェクトの責任者としての実績を有しております。
石積智之 氏 スター・マイカ・ホールディングス 代表取締役/CEO
略歴
1996年4月 ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行 2003年6月 ㈱アパマンショップネットワーク(現㈱アパマンショップホールディングス)入社 2004年1月 当社入社 2007年12月 スター・マイカ・アセットパートナーズ㈱取締役投資運用部長兼投資企画部長就任 2012年2月 当社戦略事業部長就任 2014年12月 当社企画本部長兼商品企画部長就任 2015年2月 取締役企画本部長兼商品企画部長就任 2019 年6月 スター・マイカ・アセットマネジメント株式会社取締役        SMAiT株式会社代表取締役社長就任
経歴
竹田正信 氏 マネーフォワード 取締役
略歴
2001 年7月 株式会社メディックス入社 2003 年7月 株式会社マクロミル入社 2007年12月 同社執行役員 2008 年7月 同社取締役 2016 年5月 株式会社クラビス取締役 CSO 2017 年1月 同社取締役 CFO(現任) 2017 年9月 株式会社アスマーク取締役(現任) 2018 年2月 当社入社 2018 年6月 当社執行役員 2019年2月 当社取締役
経歴
2001年インターネット広告代理店にて企画営業職に従事。2003年マクロミルに入社し、インターネットリサーチの黎明期から、セールス、事業企画、経営管理部門等多岐にわたる業務に従事し、2008年取締役就任。東証一部上場の総合マーケティング企業へと発展した同社の経営企画部門を主に管掌し、事業戦略、人事戦略、企業統合、新規事業開発を主導。2012年イオレに転じ、取締役経営企画室長の後、独立。2017年クラビス取締役・CFO就任。
森岡由布子 氏 Caster 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
2005年 株式会社ケーブルテレビ神戸入社 2008年 イー・ガーディアン株式会社入社 2016年 株式会社キャスター入社
経歴
株式会社キャスター 取締役CSO
齋藤修 氏 Repro 執行役員
略歴
経歴
三菱化学にてキャリアをスタートし製造・販売管理及び販売を行う。2001年にソフトバンクグループに転身しブロードバンド黎明期におけるパートナーセールス、IPTVサービスのマーケティング、コンテンツデリバリーネットワーク事業を経験。 その後外資系ITベンチャー2社を経て2010年にシルバーエッグ・テクノロジーに入社し取締役CSOとして上場に携わる。2019年4月にReproにジョイン。
加藤浩晃 氏 アイリス 取締役
略歴
1981年生:浜松医科大学 医学部卒業 2007 年4月 第 101 回医師国家試験合格 2007 年4月 京都府立医科大学附属病院入職 2010 年6月 バプテスト眼科クリニック入職 2013 年4月 京都府立医科大学大学院視覚機能再生外科学 2015 年4月 京都大学医学教育プログラム教員 2016 年4月 厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室室長補佐 2017 年5月 京都府立医科大学眼科学教室特任助教 デジタルハリウッド大学大学院客員教授(現任) 2017 年6月 MRT 株式会社非常勤取締役(現任) 2018 年4月 アイリス株式会社取締役 2019 年2月 千葉大学メドテックリンクセンター客員准教授(現任) 2019 年4月 アイリス株式会社取締役副社長(現任) 東京医科歯科大学医学部臨床准教授(現任) 2019年9月 株式会社メディカルネット 取締役
経歴
武田修一 氏 OLTA 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
ソニーにて、中核事業であるPlayStation事業等で事業戦略、経営管理に従事。中期戦略の提案・策定や新規事業として子会社設立などを担う
田鍋洋造 氏 コイネージ 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
経歴
東京大学を卒業後、2008年にリーマン・ブラザーズ証券に入社。その後ゴールドマン・サックス証券に入社し東京、ニューヨーク本社、ロンドンで勤務。機密情報の管理、部署間の利益相反の防止などコンプライアンスリスクのマネジメントに従事する。2014年に帰国後、フランスのジュエリーブランドの日本展開にCOOとして参画。経営及び事業の責任者として戦略を策定・実行し成長を牽引する。2015年、バルセロナのIESE Business Schoolに留学しMBAを取得。2017年10月、取締役兼Chief Strategy Officerとしてユナイテッド(株)子会社のコイネージ(株)に参画。
鈴木順子 氏 オープンエイト CSO/戦略責任者,社長室長
略歴
経歴
2000年博報堂入社。メディアプランニング経験を経て、国内大手航空会社のキャンペーンを担当。2011年アイスタイルに入社し、営業本部長、マーケティング本部長として、マーケティング戦略立案やマーケティングスキーム開発に従事。また、広報室長としてコーポレートブランディングを推進。2018年春よりオープンエイトのエグゼクティブアドバイザーに就任し、マーケティング戦略をサポート。 就職氷河期だった2000年に、初の女性総合職として広告代理店に入社。新聞メディアを取り扱う部門に配属され、新聞業界の構造を学び、新聞広告のプランニングとバイイングに従事しました。  4年後にはジョブローテーション制度で航空会社を担当する営業へと配置転換となり、コミュニケーションプランの立案やTVCMの制作、イベント事業の運営など、広告におけるあらゆる業務領域の経験を積み、アドウーマンとして多忙ながらも達成感のある日々を送りました。  2011年に、ビューティーの領域でWEBとリアルの融合を目指すIT系の事業会社へジョイン。ビッグデータの分析に基づくマーケティングプランの戦略立案や、BtoBマーケティングのスキーム開発に従事し、マーケターとして、また、多くの部下を率いるマネジメントとして大きく成長した7年間でした。  そして現在は、人工知能(AI)やデータベース、メディア運営システムなどをコアテクノロジーとしたテックベンチャーのCSO(最高戦略責任者)として経営戦略の立案やビジネス開発に従事しています。
安藤一郎 氏 FiNC Technologies 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
昭和61年4月 キヤノン株式会社 入社 平成4年7月 ジェミニ・コンサルティング・ジャパン・インク 入社 平成8年7月 同社 プリンシパル 平成10年9月 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル 入社 平成11年4月 同社 副社長(旅行・法人事業担当) 平成14年7月 ベイン・アンド・カンパニー 入社 平成16年4月 DHLジャパン株式会社 取締役 平成18年6月 日本マクドナルド株式会社 上席執行役員(経営戦略担当) 平成22年4月 株式会社レックス・ホールディングス(現株式会社レインズインターナショナル)代表取締役社長 平成25年2月 ハノーバー・アソシエイツ株式会社 設立 代表取締役(現任) 平成25年12月 プリモ・ジャパン株式会社 取締役会長 平成25年12月 シグマアソシエイツ株式会社 設立 代表取締役(現任) 平成27年12月 株式会社ソシエ・ワールド 取締役 平成28年6月 同社 代表取締役平成29年4月 当社 取締役(現任) 平成29年4月 株式会社江戸一 取締役平成29年6月 同社 代表取締役 平成30年1月 クレストホールディングス株式会社 代表取締役(現任) 平成30年11月 株式会社FiNC Technologies 常務執行役員(現任)
経歴
大学卒業後キヤノン株式会社で商品企画を担当、留学のため渡米。米国でジェミニコンサルティングにプリンシパルとして経営コンサルティングに従事。その後、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルで副社長として旅行・法人事業を担当、80余年の連続赤字から脱却。ベイン・アンド・カンパニーでは事業経営経験を生かしハンズオン型で戦略策定・実行を支援すると共に東京事務所の経営メンバーとして活動。DHLジャパン株式会社日本代表を経て、日本マクドナルド株式会社では経営戦略担当上席役員としてV字回復と史上最高益に貢献。その後、成城石井、プリモジャパン、ソシエ、江戸一の経営に携わりながらインキュベーションビジネスを起業、メディカル系技術の事業化にも取り組む。ビジネスモデルの進化とピープルビジネスの加速を基本テーマに、全社戦略策定からオペレーション変革まで広範囲な経営課題に取り組みつつ企業価値の向上を追求してきた。これまでに携わった事業は、B2B・B2C、 日系・外資系、5,000億企業・ベンチャー企業、と多岐に渡り、広い業種でマネジメント経験を有する。
細野真悟 氏 nana music COO/副社長
略歴
経歴
新卒で業界大手の専門学校の広報部にてキャリアをスタート。より大きな舞台で商品企画に挑戦したく株式会社リクルートキャリアに転職。会員数300万人を超える転職サイトリクナビNEXTのシステム開発(4年、開発プロジェクト規模3億円)から始まり、営業販促(2年、全国2000人の営業)を経て商品企画(4年、立ち上げ商品数20商品)を経験。その後は、新規事業開発(3年)を担当。大学生の就業力育成プログラムを開発し、日本e-learning大賞2012にて経済産業大臣賞を受賞。リーンスタートアップのメソッドに基づく独自の新規事業開発フレームワークを開発し、その他にも年間5案件ほどの新規事業検討を同時並行で実施。リクナビNEXT編集長、執行役員を担い、責任のある立場を任されて成果を生み続けながら、2017年ローンディールにCSOとして参画。2017年9月に音楽SNSを手掛ける(株)nana musicにCOOとしてジョイン。「nanaをビジネスとして成功させる」ことに全力で取り組んでいる。
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析