「公務員」のキャリアパス分析

  
検索結果:33 件

準備中

経験職種分析



検索結果 33 件
2つ前のキャリア
直前のキャリア
「公務員」と同時に
経験されている職種
次のキャリア
2つ先のキャリア
1 医師 1 (2%) 1 公務員 3 (8%) 1 公務員 36 (100%) 1 コンサル/シンクタンク 6 (16%) 1 取締役 5 (13%)
2 公務員 1 (2%) 2 弁護士 2 (5%) 2 研究開発 2 (5%) 2 5 (13%) 2 3 (8%)
3 代表取締役/CEO 1 (2%) 3 M&A業務/アドバイザリー 2 (5%) 3 社長室/役員補佐/秘書 1 (2%) 3 代表取締役/CEO 5 (13%) 3 代表取締役/CEO 3 (8%)
4 弁護士 1 (2%) 4 教員/教授 1 (2%) 4 グローバル/海外事業展開 1 (2%) 4 VC/投資ファンド 3 (8%) 4 経営企画(事業企画)部長/管掌 2 (5%)
5 5 VC/投資ファンド 1 (2%) 5 医師 1 (2%) 5 公務員 3 (8%) 5 社長室/役員補佐/秘書 2 (5%)

経験フェーズ分析



検索結果 33 件
2つ前のキャリア 直前のキャリア 「公務員」時の企業フェーズ 次のキャリア 2つ先のキャリア
1 その他 2 (5%)
1 その他 4 (11%)
1 その他 32 (88%)
1 大手 14 (38%)
1 ベンチャー 8 (22%)
2 起業 1 (2%) 2 外資/海外勤務 2 (5%) 2 社内昇進/部署異動 2 (5%) 2 外資/海外勤務 9 (25%) 2 大手 6 (16%)
3 3 ベンチャー 1 (2%) 3 外資/海外勤務 2 (5%) 3 ベンチャー 6 (16%) 3 起業 5 (13%)
4 4 社内昇進/部署異動 1 (2%) 4 大手 1 (2%) 4 中小 6 (16%) 4 社内昇進/部署異動 4 (11%)
5 5 起業 1 (2%) 5 自営業/フリーランス 1 (2%) 5 起業 3 (8%) 5 外資/海外勤務 3 (8%)

キャリアパス事例

栗林健太郎 氏 GMOペパボ 技術部長/エンジニアリングマネージャー
略歴
2002年 奄美市役所 入所 2008年5月 株式会社はてな 入社 Webアプリケーションエンジニア 2012年5月 GMOペパボ株式会社 入社 アドバンスド・シニア 2013年2月 同社 技術基盤チームアドバンスド・シニア 2014年8月 同社 経営戦略部技術責任者 2015年1月 同社 技術部長 2015年3月 同社 執行役員CTO 2017年3月 同社 取締役CTO(現任) 2018年3月 同社 セキュリティ対策室長(現任)
経歴
1976年、東京で生まれる。幼少期より高校卒業まで奄美大島で過ごす。1995年、東京都立大学に入学。法学部政治学科において、日本政治史および行政学を中心に学ぶ。卒業後、2002年に奄美市役所に入所。2008年、職業としてのソフトウェアエンジニアに転じた。 2008年5月、株式会社はてなにWebアプリケーションエンジニアとして入社。開発言語としてはPerl5、JavaScript等を用い、ポータルサイト、はてなダイアリー、はてなブックマークなど多くのサービス開発にたずさわるとともに、新サービスの開発にも従事した。 2012年5月、株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)に技術基盤整備エンジニアとして入社。開発言語としては主にRubyやGoを用いた全社的な技術基盤の整備の他、RailsやPHPで書かれたサービスの開発にも従事した。また、開発プロセスの改善にも取り組み、リーンプロセスやスクラムの導入にも寄与した。 2014年以降は、マネジメントを担っている。2014年8月、GMOペパボ株式会社の技術責任者に、2015年3月、執行役員CTOに就任。エンジニアリング組織の整備を行った。2017年3月、取締役CTOに就任し、技術経営(技術に関わる全社での戦略策定、実行)を担う。また、2018年、情報処理安全確保支援士の登録をした他、セキュリティに関する新事業開発の取り組みも行っている。
細川慎一 氏 GMOリサーチ 代表取締役/CEO
略歴
1996年3月 在エチオピア日本国大使館勤務 1998年6月 株式会社ケンウッド 入社 コンポーネント事業部事業企画室 2000年5月 サンダーバード米国経営大学院MBA入学 2001年10月 KPMGコンサルティング株式会社入社 CIM、CRM戦略チーム 2005年1月 GMOメディアアンドソリューションズ株式会社 入社 事業開発室長 2005年4月 同社 取締役 2006年3月 GMOリサーチ株式会社(旧GMOメディアアンドソリューションズ株式会社) 代表取締役 2006年9月 同社(旧GMO総合研究所株式会社) 代表取締役社長 2008年1月 同社 内部監査室長 2012年12月 GMO Research Pte. Ltd. Director * 2013年6月 技慕驛動市場調査(上海)有限公司董事長 2013年11月 GMO Research Pvt. Ltd. Managing Director * 2015年5月 日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)理事 * 2015年11月 ヨーロッパ世論・調査市場協会(ESOMAR)日本代表 * 2017年2月 技慕驛動市場調査(上海)有限公司董事* 2017年7月 GMO Research Sdn. Bhd. Managing Director *
経歴
高橋大就 氏 オイシックス・ラ・大地 代表取締役/CEO
略歴
1999年4月 外務省 入省 2003年 在米国大使館勤務を経て、課長補佐として日米通商を担当 2008年 マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。プロジェクト・マネージャーとして、農業分野等を担当 2011年 NPOに参加し東北で支援活動に従事 2011年6月 東の食の会発足と共に事務局代表に就任 8月 オイシックス株式会社 執行役員 海外事業部長就任 2015年10月 Oisix Hong Kong Co., Ltd.設立、董事長就任
経歴
1975年生まれ。スタンフォード大学院卒。1999年に外務省に入省。2003年から2005年にかけて在米国日本大使館で日米安全保障問題を担当。その後帰国し、日米通商問題を担当する。2008年、外務省を退職し、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2011年、震災直後からマッキンゼー社を休職、NPOに参加し東北で支援活動に従事する傍ら、東の食の会の立ち上げに関わる。2011年6月東の食の会発足と共に事務局代表に就任。同年8月、正式にマッキンゼー社を退社し、オイシックス株式会社海外事業部長に就任。現在は、オイシックスにおいて、高付加価値の日本の食材を海外に販売する事業を、東の食の会において、東北の食産業の復興事業を同時に精力的に行っている。
八田斎 氏 ライフネット生命保険 取締役,執行役員
略歴
1980年4月 大蔵省(現財務省)入省 1995年5月 日本貿易振興会チューリヒ事務所長 2005年8月 金融庁総務企画局企画課長 2007年7月 同庁監督局総務課長 2008年7月 財務省福岡財務支局長 2010年8月 厚生労働省政策評価審議官 2013年7月 財務省横浜税関長 2014年10月 一般社団法人金融先物取引業協会事務局長 2016年5月 ライフネット生命保険株式会社 顧問 2016年6月 同社 常務取締役執行役員チーフ・コンプライアンス・オフィサー 2016年10月 同社 常務取締役執行役員CCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)CISO(チーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー)(現任)
経歴
昭和30年3月 岡山市生まれ 岡山市立旭東小学校、同東山中学校 昭和48年操山高校卒 東京大学卒業 昭和55年から平成26年7月まで大蔵省、財務省等に、同年10月より金融先物取引業協会を経て、現在 ライフネット生命に勤務。
星秀雄 氏 レアジョブ(退職済み) 執行役員,社長室長
略歴
1994年3月 一般社団法人 国際交流サービス協会より在シリア日本国大使館派遣 1998年4月 日本放送協会 放送総局報道局 入局 2006年7月 Bloomberg L.P. 入社 2008年6月 三井物産株式会社 入社(現任) 2015年9月 株式会社レアジョブ出向 法人事業部付 2016年10月 同社 スクール事業部長 2017年10月 同社 社長室長 執行役員 就任
経歴
辻秀樹 氏 東京大学エッジキャピタル(UTEC) 取締役
略歴
経歴
東京大学法学部卒業後、通商産業省を経て、ヴィジョンアーツ株式会社にCOOとして知的財産を中核にした戦略立案・事業開発を統括し、ソニー株式会社へのM&Aを実現。ペンシルベニア大学ロースクール修士課程・ロンドンビジネススクール修士課程修了後、2006年8月にUTEC参画。
齋藤通雄 氏 INCJ 代表取締役/CEO
略歴
2004年5月1日 内閣官房郵政民営化準備室企画官 2005年9月1日 財務省大臣官房総合政策課政策調整室長 2007年7月1日 財務省大臣官房企画官 兼 主計局司計課予算執行調査室長 2008年7月1日 財務省主計企画官(財政分析担当) 2009年6月1日 財務省主計局調査課長 2010年6月1日 理財局国債業務課長 2011年6月1日 財務省理財局国債企画課長 2013年6月1日 財務省総務企画局市場課長 2014年6月1日 参事官(総合政策担当) 2015年6月1日 監督局参事官 2016年6月1日 金融庁専務取締役 最高財務責任者(CFO) 2018年9月1日 株式会社産業革新機構常務取締役 CFO 2018年9月  株式会社INCJ取締役(非業務執行) 2018年12月26日 株式会社産業革新投資機構代表取締役常務
経歴
1987 年大蔵省(現財務省)入省。主に財務省理財局において、金融市場に関する豊富な経験を持つ。1998 年から 3年間、理財局国債課課長補佐。 2005 年より大臣官房総合政策課政策調整室長として、金融政策に関する日銀との調整役。主計局主計企画官及び調査課長として財政政策に従事した後、2010年から理財局国債業務課長及び国債企画課長を務める。2013年に金融庁に異動し総務企画局市場課長、同局参事官(総合政策担当) を経て、2015年7月より現職。
福本拓也 氏 INCJ 取締役
略歴
1996年 4月 通商産業省入省 2012年 7月 経済産業省企業会計室長 2015年 7月 経済産業省産業資金課長 2019年 7月 株式会社産業革新投資機構代表取締役(出向) 2019年 7月 株式会社INCJ取締役(非業務執行)(出向)
経歴
1996年、通商産業省に入省。通商政策、流通政策等の政策立案・実施に従事。2001年より2003年までロンドン大学(London School of Economics and Political Science)にて、経済学修士号(MSc)および経済哲学修士号(MSc)を取得。帰国後、経済産業省にてASEAN諸国との経済連携協定交渉を担当。2006年より中小企業の経営・再生支援や海外進出支援、地域振興政策に取り組む。 2008年から2012年にかけて、EU本部が立地するベルギー・ブリュッセルに勤務。在欧日本企業の代表組織である「在欧日系ビジネス協議会(Japan Business Council in Europe)」の事務局長に選任され、EUの環境・エネルギー規制や会社政策等、欧州の政策立案に対する日本企業の情報収集や意見発信を支援。 日本帰国後、2012年7月に企業会計室長に着任し、企業会計、企業情報開示、企業の社会的責任を所管。「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト(伊藤レポート)、 持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会報告書を取り纏め。企業会計、企業の社会的責任の分野に置いても国際的に連携。 2015年7月より現職。
加藤道子 氏 ABEJA 取締役
略歴
2005年 日米学生会議 実行委員長 2007年 モルガン・スタンレー 投資銀行本部 資本調達、M&Aのアドバイザリー業務 2010年 世界銀行グループ IFC 新興国投資業務、日本企業の新興国進出支援 2014年 ユニゾン・キャピタル プライベートエクイティ投資、投資先経営支援 2017年 地域ヘルスケア連携基盤 社外取締役 2018年 ABEJA ファイナンス業務、AIを使ったコンサルティング・事業支援業務 2019年 ABEJA 取締役
経歴
2007年モルガン・スタンレー証券入社、M&Aや資本調達を担当。2010年に世界銀行グループIFCに入社、新興国投資を担当。Harvard Business SchoolでMBA取得後、ユニゾン・キャピタルでプライベート・エクイティ投資を担当。2018年7月にABEJAに参画、社長室長を経て財務責任者。2019年6月27日付でABEJA取締役。
元榮太一郎 氏 弁護士ドットコム 代表取締役/CEO,弁護士
略歴
1975年米国イリノイ州生まれ。 1998年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。 1999年司法試験合格。 2001年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 アンダーソン・毛利法律事務所(現:アンダーソン・毛利・友常法律事務所)入所。M&Aや金融ほか最先端の企業法務に従事。 2005年に独立開業し法律事務所オーセンス創業。 2005年オーセンスグループ(現:弁護士ドットコム)を創業し、国内初の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」の運営を開始。 2016年7月に参議院議員通常選挙に立候補し、当選。 2017年弁護士ドットコム代表取締役会長に就任。
経歴
情報なし
尾形将行 氏 freee 執行役員,事業部長/責任者
略歴
経歴
東京大学法学部を卒業後、総務省に入省し、内閣官房、外務省を経て、アクセンチュアにてマネージャーとして通信、ハイテク業界向けに海外市場参入、新規事業企画等の戦略コンサルティングに従事。その後freeeに入社し、2018年7月より執行役員パートナー&ミッドユーザー事業本部長。スタンフォード大学ロースクール修士、香港科学技術大学MBA取得。
西山真吾 氏 フィードフォース 取締役,経営管理部長/管掌
略歴
2000-04 - 2005-12 国土交通省 2006-01 - 2009-09 日興シティグループ証券 2009-10 - 2016-12 SMBC日興証券 2017/01/01〜2017/08/28 フィードフォース 財務部 マネージャー 2017/08/29〜現在 同社取締役 経営管理本部長
経歴
1977年生まれ、石川県出身。 京都大学工学部卒業後、建設省(現国土交通省)に入省。 2006年に日興シティグループ証券(現SMBC日興証券)へ入社し投資銀行本部で、主に大企業を中心にエクイティファイナンスやIPO支援やM&Aの提案活動を行う。経理部にジョブチェンジした後、2017年1月フィードフォース入社。上場準備にコミットしつつも、特に最初の1年は、決算業務の体制づくり、経営計画の策定、経営レポーティングの作りこみを行った。
加藤浩晃 氏 アイリス 取締役
略歴
1981年生:浜松医科大学 医学部卒業 2007 年4月 第 101 回医師国家試験合格 2007 年4月 京都府立医科大学附属病院入職 2010 年6月 バプテスト眼科クリニック入職 2013 年4月 京都府立医科大学大学院視覚機能再生外科学 2015 年4月 京都大学医学教育プログラム教員 2016 年4月 厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室室長補佐 2017 年5月 京都府立医科大学眼科学教室特任助教 デジタルハリウッド大学大学院客員教授(現任) 2017 年6月 MRT 株式会社非常勤取締役(現任) 2018 年4月 アイリス株式会社取締役 2019 年2月 千葉大学メドテックリンクセンター客員准教授(現任) 2019 年4月 アイリス株式会社取締役副社長(現任) 東京医科歯科大学医学部臨床准教授(現任) 2019年9月 株式会社メディカルネット 取締役
経歴
野村将揮 氏 アイリス 執行役員
略歴
1989年生:東京大学 文学部卒業(在学中に国家公務員試験経済区分合格) 2014−2018.10:経済産業省(ヘルスケア産業課等) 2018.11−:アイリス株式会社 執行役員
経歴
東大文一、同文学部、在学中の国家公務員試験(経済)合格を経て経産省入省。 ヘルスケア産業課等で法律の運用・改正、閣議決定(成長戦略)のドラフト、規制緩和などに広く携わったのち、2018年11月にアイリス株式会社に入社。 World Economic Forum(ダボス会議)Global Shaper選出、St.Gallen Symposium "100 Leaders of Tomorrow"選出、東大総長賞団体受賞(会長在任時)ほか多数。剣道四段。
中筋丈人 氏 FABRIC TOKYO 執行役員,CTO/VPoE
略歴
経歴
1980年千葉県出身。 高校卒業後、陸上自衛隊に入隊 重迫撃砲副砲手として各種任務に従事。 その後、ITエンジニアにキャリアチェンジをして、エンタープライズ系システム設計構築、大規模無線LAN設計構築などを経て、2013年NHNテコラスに入社し、サービス企画やITインフラの設計運用に従事。 2015年アマゾンジャパン㈱入社 ディストリビューションセンターのシステム構築、運用業務に従事。 2016年4月にリードエンジニアとしてライフスタイルデザイン(現:株式会社FABRIC TOKYO)に参画。同年11月に執行役員CTOに就任。
森田博和 氏 スペースリー 代表取締役/CEO
略歴
経歴
東京大学大学院卒業、航空宇宙工学修士(JAXA所属 ~2005年)取得。2005年 経済産業省入省、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局への出向を含め航空宇宙政策の企画、立案等に携わり、6 年間勤務。2013年シカゴ大学大学院にてMBA取得(アントレプレナーシップ・統計学等専攻)後、株式会社スペースリー創業。
岡村アルベルト 氏 one visa 代表取締役/CEO
略歴
経歴
14年、甲南大学マネジメント創造学部を卒業後に東京入国管理局で窓口業務を担当。15年に退社し、レジデンス(現one visa)を設立。17年、ビザ申請支援サービスを開始
松本隆一 氏 CBcloud 代表取締役/CEO
略歴
経歴
1988年生まれ、沖縄県出身。高校時代に独学でプログラミングを修得。自身が通っていた「東進衛星予備校」の授業配信システムを開発し同校に導入、現在も採用されている。高校卒業後、航空保安大学校を経て国土交通省に入省。航空管制官として羽田空港に勤務。2013年に退省、他界した義父の運送業を継ぎ、配送ドライバーを経験。同年CBcloud株式会社を設立。 運送業経営の現場で、多重下請け構造や非効率な慣習から、業務改善に余力がない物流業界の現状を実感。自身の会社だけでなく、あらゆるドライバーの環境を改善することで業界全体をより良くすべく、ITによる業界変革を決意。これまでに、ドライバーに意思決定権のある自由な働き方、効率的な稼働、正当な業務評価により努力が可視化される環境を提供してきた。ドライバーの価値が正当に評価され尊敬される存在になることを目指し、常に「現場で働く人のため」に尽力する。
三戸政和 氏 インターステラテクノロジズ COO/副社長,コンサル/シンクタンク
略歴
経歴
株式会社日本創生投資 代表取締役社長。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A、株式上場などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行なっている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の代表取締役副社長を務め、コンサルティング業務も行なっている。
桑原智隆 氏 Origami 社長室/役員補佐/秘書
略歴
情報なし
経歴
経済産業省にて、エネルギー・環境、自動車産業、情報政策、経済産業政策を担当。在サンフランシスコ日本国総領事館領事として、イノベーション分野など日本・カリフォルニアの経済関係の強化に取り組む。その後、内閣官房にて、アベノミクスの成長戦略の企画立案に従事。2018年4月、Origami入社。
郷治友孝 氏 エディットフォース/東京大学エッジキャピタル(UTEC) 代表取締役/CEO,VC/投資ファンド
略歴
経歴
1996年4月通商産業省(現経済産業省)入省後、我が国ベンチャーキャピタル(VC)ファンドの根拠法規となった『投資事業有限責任組合法』(1998年11月施行)や『中小企業等投資事業有限責任組合会計規則』(1998年8月中小企業庁公示)を起草し、第1回VCファンドパフォーマンスベンチマークを策定。これに先立つ1997年、日本合同ファイナンス株式会社(現株式会社ジャフコ)に出向しVC業務を学ぶ。同省にて日本版SBIR制度の根幹となった『新事業創出促進法』(1999年7月施行)を起草した後、文化庁出向(『著作権等管理事業法』(2001年10月施行)起草)、スタンフォード大学留学、経済産業省帰任(『特定債権法』2004年12月廃止に従事)、金融庁出向(『信託業法』(知的財産権信託の部分。2004年12月施行)起草)を経て、東大発をはじめとする大学発ベンチャーの投資育成に『投資事業有限責任組合法』の理念を実践するため退官し2004年4月UTEC共同創業。以来、UTEC1号から4号までの投資事業有限責任組合の設立・運営、投資戦略の策定、投資活動及び全般統轄を手掛けてきた。1996年3月東京大学法学部卒、2003年6月スタンフォード大学経営学修士(MBA)、2016年9月より東京大学大学院工学系研究科博士課程在籍。2014年10月より日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)理事(2015年7月より常務理事・政策部会長)。日本スタンフォード協会理事。 1996年4月 東京大学法学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。2003年6月 スタンフォード大学経営大学院修士課程修了。2004年4月 退官、UTEC創業参画。2016年9月 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略専攻博士課程(坂田・森研究室)入学。
坂本教晃 氏 東京大学エッジキャピタル(UTEC) VC/投資ファンド,取締役
略歴
2003年3月 東京大学経済学部 卒業 2003年4月 経済産業省 2010年5月 Columbia University, M.B.A 2010年7月 マッキンゼー・アンド・カンパニー 2014年8月 株式会社東京大学エッジキャピタル取締役(現任) 2015年5月 五稜化薬株式会社 監査役(現任)
経歴
東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。2008年経済産業省退官、ファミリー・ビジネスである事業会社の副社長を経て、コロンビア大学経営学修士(MBA)。McKinsey&Companyを経て、2014年にUTEC参画。
中澤剛太 氏 TORANOTEC 取締役,CSO/戦略責任者
略歴
取締役 戦略構築責任者
経歴
大学卒業後、財務省に入省、課長補佐として国際金融行政や税制の企画・立案等を担当。その後ドリームインキュベータでマネージャーとして戦略コンサルティングやベンチャーキャピタル投資の米国担当を歴任。2015年には経済産業大臣秘書官を務めた。金融・産業政策に精通しており、戦略立案・新規事業創造を専門とする。 東京大学法学部卒業、ペンシルバニア大学経営大学院修了(MBA)
羽生和之 氏 ウエストユニティス 代表取締役/CEO,COO/副社長
略歴
平成8年4月 外務省入省 平成13年5月 外務省総合外交政策局地球環境課 平成14年9月 マッキンゼー・アンド・カンパニー入社 平成17年6月 同社マネージャー 平成20年2月 三菱商事(株)入社 平成21年5月 同社生活産業グループ食品本部戦略企画室マネージャー 平成23年8月 ボストンコンサルティンググループ入社 平成24年12月 同社プリンシパル 平成26年4月 みらかホールディングス株式会社入社、経営戦略担当執行役付         (株)エスアールエル取締役事業戦略担当 平成27年6月 同社常務取締役 平成27年10月 同社代表取締役常務 平成28年6月 同社代表取締役副社長 平成29年6月 みらかホールディングス株式会社執行役
経歴
2019年2月1日付でウエストユニティス株式会社代表取締役副社長兼COOに就任。
鹿島幸裕 氏 ピースオブケイク CFO/経理・財務責任者
略歴
2006年 外務事務官(国家I種) 2010年 ブーズ・アンド・カンパニー 2013年 株式会社カカクコム 2017年 株式会社ヘッドライト 2018年 株式会社ピースオブケイク
経歴
1983年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学MBA。 外務省、外資系戦略コンサルティング会社を経て、株式会社カカクコムの食べログ本部において新規事業の責任者や全社の経営企画部長を経験。 その後全国で100以上の店舗を展開する美容室チェーンのCFO兼CAOを経て、現職。 ピースオブケイクでは、これまでの経験から戦略・財務を中心に、コーポレート系全般を統括。CFO
野本洋平 氏 ベストワンドットコム  事業部長/責任者,取締役
略歴
平成15年4月国土交通省関東運輸局入局 平成21年2月当社入社 平成26年8月当社取締役 旅行部長(現任)
経歴
木庭康宏 氏 ライフネット生命保険 取締役,経営企画(事業企画)部長/管掌
略歴
経歴
経営戦略本部長。1979年、熊本生まれ。九州大学法学部卒業。厚生労働省を経て2010年9月入社。2016年1月コーポレート本部長。2017年4月経営戦略本部長、2017年6月より取締役。
加藤綾子 氏 アルファポリス 取締役,メディア責任者/編集長
略歴
平成13年03月 慶應義塾大学文学部卒業 平成13年04月 特殊法人労働福祉事業団 (現独立行政法人労働者健康安全機構)入社 平成20年07月 株式会社ピクトプレス 入社 平成20年11月 当社入社 平成25年03月 当社 取締役(現任) 平成27年07月 当社 編集本部本部長(現任)
経歴
柴山和久 氏 ウェルスナビ 代表取締役/CEO
略歴
2000年 東京大学法学部卒業 2000年 財務省(大蔵省)に入省      銀行の不良債権問題に取り組む      ハーバード・ロースクール修士号取得      ニューヨーク州弁護士資格取得 2006年 イギリスの財務省に出向 2008年 出向から戻る      NISA制度の設計に携わる 2009年 財務省を退職 2009年 フランスのINSEAD(ビジネススクール)でMBAを取得 2010年 マッキンゼーに入社      ウォール街の機関投資家のための資産運用のシステム刷新に携わる 2015年3月 マッキンゼーを退社 2015年4月 ウェルスナビ株式会社を設立
経歴
東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画する。その後、マッキンゼーでは、ウォール街に本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。次世代の金融インフラを構築したいという想いから、2015年4月にウェルスナビを創業。
北埜弘剛 氏 sMedio 取締役,経営企画(事業企画)部長/管掌
略歴
平成15年4月大阪府庁入庁 平成18年12月監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所 平成22年7月公認会計士登録 平成24年5月富士生命保険株式会社(現 FWD富士生命保険株式会社)入社 平成27年8月当社経営企画室長(現任) 平成28年11月タオソフトウエア株式会社監査役(現任) 平成29年3月当社取締役経営企画室長
経歴
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析