「教員/教授」のキャリアパス分析

  
検索結果:47 件

準備中

経験職種分析



検索結果 47 件
2つ前のキャリア
直前のキャリア
「教員/教授」と同時に
経験されている職種
次のキャリア
2つ先のキャリア
1 代表取締役/CEO 9 (13%) 1 教員/教授 13 (20%) 1 教員/教授 65 (100%) 1 代表取締役/CEO 13 (20%) 1 代表取締役/CEO 13 (20%)
2 教員/教授 6 (9%) 2 研究開発 8 (12%) 2 研究開発 4 (6%) 2 教員/教授 13 (20%) 2 取締役 9 (13%)
3 研究開発 6 (9%) 3 医師 5 (7%) 3 医師 2 (3%) 3 取締役 12 (18%) 3 教員/教授 6 (9%)

経験フェーズ分析



検索結果 47 件
2つ前のキャリア 直前のキャリア 「教員/教授」時の企業フェーズ 次のキャリア 2つ先のキャリア
1 その他 12 (18%)
1 その他 20 (30%)
1 その他 61 (93%)
1 その他 14 (21%)
1 社内昇進/部署異動 14 (21%)
2 大手 5 (7%) 2 大手 11 (16%) 2 社内昇進/部署異動 3 (4%) 2 ベンチャー 11 (16%) 2 起業 8 (12%)
3 起業 4 (6%) 3 社内昇進/部署異動 5 (7%) 3 外資/海外勤務 2 (3%) 3 起業 10 (15%) 3 その他 6 (9%)
4 中小 4 (6%) 4 外資/海外勤務 3 (4%) 4 出戻り 1 (1%) 4 共同創業者 7 (10%) 4 中小 4 (6%)
5 外資/海外勤務 3 (4%) 5 ベンチャー 3 (4%) 5 中小 1 (1%) 5 中小 6 (9%) 5 ベンチャー 4 (6%)

キャリアパス事例

上林憲雄 氏 インソース 取締役
略歴
1992年7月 神戸大学経営学部 助手就任 1994年8月 神戸大学経営学部 助教授就任 2005年4月 神戸大学大学院経営学研究科 教授就任 2014年12月 株式会社インソース 取締役就任(現任) 2018年4月 神戸大学大学院 経営学研究科長・教授就任(現任)
経歴
小林洋介 氏 インソース メディア責任者/編集長
略歴
2002年4月 早稲田大学高等学校非常勤講師 2009年6月 株式会社インソース入社 2018年8月 同社 コンテンツ開発部 部長就任(現任)
経歴
池澤廣和 氏 Xtra(旧エニドア)/conyac 取締役
略歴
経歴
1981年、福井県生まれ。 九州芸術工科大学 芸術工学部 音響設計学科を卒業後、アートギャラリー・三菱地所アルティアム(福岡)のディレクターに就任。「さまざまな芸術表現を既成の評価やジャンルにとらわれずに発信する」という理念のもと、東信や清川あさみ、稲葉英樹、谷尻誠、本城直季、藤枝守、ジャナイナ・チェッペなど、現代アートを中心とした展覧会の企画や「話の話 - ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ展」(2010年/展覧会図録)の共同執筆を担当。 またアートスペース・旧大賀APスタジオ(福岡)の立ち上げや海外作家の招聘、福岡市春吉エリアのアートイベント「春吉アートサバイバル」の立ち上げ、九州ウォーカー(KADOKAWA)のアート記事連載など、特に福岡のローカルアートシーンに根ざしてアーティストと二人三脚で取り組むようなプロジェクトを中心に力を注いだ。 その後、株式会社アポロ計画への入社(2010年)をきっかけにデザインの企画・プランニング・制作管理といった業務に従事。デザインを軸として商品ブランドの立ち上げや地域ブランディング、商業施設キャンペーンサイトの運営、キャラクターを用いたキャンペーンなどを経験後、Webディレクションや Webマーケティングといった業務を担当した。 2014年からは大学講師として授業を担当。デザイン思考やスプリントといったフレームワークを通し、アイデアの創出からプロジェクトの設計まで、ゼロイチで生み出していくことのおもしろさを学ぶ授業を行っている。 2017年からは LGBT の不動産問題にフォーカスしたソーシャルベンチャー・株式会社IRIS を共同で創業し、LGBTフレンドリーなシェアハウスの立ち上げなどに従事。また LGBTプロジェクトとして、100年先の未来をつくるアクセラレーションプログラム「100BANCH」(パナソニック株式会社、株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社)に参加。渋谷区の長谷部健区長をメンターとして、フューチャーセッションの開催や「ニッポンのジレンマ 2018元日スペシャル」(NHK)への出演など幅広く活動。 Xtra株式会社(旧株式会社エニドア)には2016年1月より入社。クラウドソーシングのリソースを活用したソリューションの提案を軸として、オペレーションやセールスの業務に従事。2019年9月より取締役に就任。
柴原慶一 氏 アンビスホールディングス 代表取締役/CEO
略歴
1990年4月 JR東海総合病院(現名古屋セントラル病院)勤務 1994年4月 京都大学医学部勤務 助手 2001年4月 京都大学ウイルス研究所(現京都大学ウイルス・再生医科学研究所)客員助教授 2002年11月 国立遺伝学研究所入所 准教授 2010年5月 イーハトーブ病院 名誉院長 2010年7月 岩手県立中央病院 臨時医務嘱託 社会福祉法人大迫 評議員 2012年1月 医療法人大町クリニック 理事長 2013年1月 光精工株式会社 顧問 2013年8月 社会福祉法人感謝の心 理事長 2013年9月 (株)光ライフサポート 取締役 2013年9月 医療法人福慈会 理事長 2013年9月 (株)アンビス設立 代表取締役(現任) 2015年6月 (株)医心設立 代表取締役 2016年9月 社会福祉法人光塩会 理事 2016年10月(株)アンビスホールディングス設立 代表取締役(現任)
経歴
名古屋生まれ。東海高校卒、名古屋大医学部卒。京都大院医学研究科修了(分子生物学専攻)。研究テーマは遺伝情報の複製機構の解明。 京都大学医学部助手ののち、コールドスプリングハーバー研究所研究員、科学技術振興事業団主任研究員、国立遺伝学研究所准教授を歴任。 長く迷ったが人生に第二章があってもよいと決断し、2010年に研究室を閉鎖。以降、事業家の道を歩む。地域医療再生をテーマに掲げ岩手県に移住。公的病床の福祉への再活用、東日本大震災復興支援、社会福祉法人設立、民間医療法人M&A・事業再生などを経験し、2013年株式会社アンビスを設立。以降、在宅型の"病床"「医心館」事業を展開している。 2018年ノーベル医学生理学賞受賞の端緒となった「PD-1」発見の論文の共著者でもある。 趣味はスポーツ観戦と海辺で休むこと。 座右の銘は「万事塞翁馬」「飲水思源」。 夢は若手研究者を支援する財団を設立すること。
砂村眞琴 氏 サリバテック 代表取締役/CEO
略歴
1981年 青森県立中央病院研修医 1983年 東北大学第一外科 入局 1987年 東北大学医学部博士号収得 1990年 カナダ国McGill大学リサーチフェロー 1997年 米国Pittsburgh大学癌研究所(文部省在外研究員) 2002年 英国Cancer Research UK研究員 2003年 京都大学再生医科学研究所非常勤講師 2005年 東北大学医学系研究科消化器外科 助教授 2006年 東北大学医学系研究科分子病理非常勤講師 2007年 医療法人社団宏陵会 理事長(現任) 大泉中央クリニック 院長就任(現任) 2010年 東京医科大学八王子医療センター兼任教授(現任) 2013年 慶應義塾大学医学部非常勤講師(現任) 株式会社サリバテック 代表取締役CEO(現任)
経歴
川嶋健嗣 氏 リバーフィールド 取締役
略歴
1997年04月-2000年10月 東京都立工業高等専門学校 機械工学科 助手 2000年11月-2013年03月 東京工業大学 精密工学研究所 准教授 2007年08月-2008年03月 ワシントン大学 電気工学科 バイオロボティクス研究室 客員研究員 2009年04月-2011年03月 内閣府 政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付- 上席政策調査員 2013年4月-現在 東京工業大学 精密工学研究所 特定教授 2014年05月-2015年03月 リバーフィールド株式会社 代表取締役社長 2015年04月-現在 リバーフィールド株式会社 取締役
経歴
1992年東京工業大学工学部制御工学科卒業、1997年同大学理工学研究科制御工学専攻博士後期課程修了。東京都立工業高等専門学校機械工学科助手を経て、2000年に東京工業大学 精密工学研究所の准教授に。2013年より現職。日本ロボット学会評議員(2006年)、日本コンピュータ外科学会評議員(2012年~)などを歴任。現在、東京医科歯科大学生体材料工学研究所生体機能修復研究部門バイオメカニクス分野教授。
東隆 氏 Lily MedTech CTO/VPoE
略歴
2007年 日立製作所, 中央研究所, 研究員 2012年 東京大学, 工学(系)研究科(研究院), 准教授 2016年 東京大学, 医学系研究科, 教授 2015年 東京大学, 医学(系)研究科(研究院), 教授 2016年 東京大学, 大学院医学系研究科(医学部), 教授 2019年4月 Lily MedTech CTO
経歴
私は、大学院で物理工学を専攻し、医療機器開発に従事する希望を持って就活していた時に、日立製作所中央研究所の研究者で、 超音波治療の第一人者である梅村先生(現東北大学名誉教授)に出会う。1998年に修士取得後、同研究所に入職。医用超音波や超音波治療の研究に携わる。 そして複数の医師と低侵襲の超音波治療の研究を行う過程で、自分から階層の遠い経営陣がいつかチャレンジの決断をするのを受動的に待つのではなく、 自ら行動を起こしたい、と思い立ち、2011年に日立製作所を退職、東京大学バイオエンジニアリング専攻に特任講師として就職。 大学での低侵襲治療の研究の中で、この低侵襲治療の成立には、疾患の早期発見を実現する技術の確立こそが、このタイミングで必要であることを痛感する。 その結果、Lily MedTechのシーズ技術であるUSCT(Ultrasound Computed Tomography)の研究に取り組み、Proof of Conceptを行うために、東京大学COIの御支援により、USCTプロジェクトを発足。 多くの周囲の方々のご理解と応援のお陰で2016年に東京大学大学院医学系研究科・疾患生命工学センターの教授に就任。 以前から行っていたUSCTと治療技術は、医学部に移ったことでより加速し、USCTプロジェクトのメンバーが遂に起業。自らは東大に残り、Lilyと共同研究を行う。 Lilyは起業から3年が経ち、今や多くの医師や支援者に応援していただける会社となり、私が東大にいなくても臨床研究が可能な状況となった事から、 前CTOの三竹とも相談。2019年3月末に東大を退職し、4月に新CTOとして就任。
八坂哲雄 氏 QPS研究所 COO/副社長
略歴
東京大学工学部航空学科卒業。工学博士。 九州大学名誉教授 2006年 Frank J. Malina Astronautics Medal受賞 1972年 東京大学宇宙航空研究所 助手 1974年 NTT研究所 1994年 九州大学 教授 2003年 UNISEC 初代理事長 2005年 QPS研究所 取締役 2008年 IAF(国際宇宙航行連盟)副理事長
経歴
高木友博 氏 デザインワン・ジャパン 社外取締役/顧問
略歴
昭和63年10月 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社 平成12年4月 明治大学理工学部情報科学科教授(現任) 平成16年4月 カリフォルニア大学バークレー校コンピュータサイエンス学科客員研究員 平成16年4月 日本学術振興会学術システム研究センター専門委員 平成27年8月 株式会社Faber Company 顧問(現任) 平成27年11月 当社取締役就任(現任) 平成29年7月 Hamee 株式会社社外取締役就任(現任) 平成29年9月 株式会社富士通総研顧問(現任)
経歴
情報なし
久夛良木健 氏 GA technologies 教員/教授
略歴
昭和50年4月 ソニー株式会社入社 平成5年11月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)取締役就任 平成11年4月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役就任 平成12年6月 ソニー株式会社取締役就任 平成15年11月 ソニー株式会社取締役副社長兼COO就任 平成18年12月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役会長兼グループCEO就任 平成19年6月 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)名誉会長就任 平成19年6月 ソニー株式会社シニア・テクノロジーアドバイザー(現任) 平成21年10月 サイバーアイ・エンタテインメント株式会社代表取締役CEO(現任) 平成22年3月 楽天株式会社社外取締役(現任) 平成23年6月 株式会社ノジマ社外取締役(現任) 平成29年8月 アセント・ロボティックス株式会社 社外取締役(現任) 平成30年1月 当社社外取締役就任(現任)
経歴
1950年、東京生まれ。1975年ソニー株式会社入社。第一開発部、情報処理研究所を経て1993年、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント設立。「プレイステーション」「プレイステーション2」「プレイステーション・ポータブル」「プレイステーション3」などの一連のプレイステーションフォーマットを生み出し、「プレイステーションの父」と称される。1999年、同社代表取締役社長、2006年、同社会長兼グループCEO、2007年、同社名誉会長を歴任。同時に、2000年にソニー株式会社取締役に就任。2003年にソニー株式会社副社長兼COOを兼任し、2007年の現役引退以降はシニアテクノロジーアドバイザーとして後進の育成に努めると同時に、2009年、自身の会社であるサイバーアイ・エンタテインメント株式会社を設立、代表取締役社長兼CEOに就任。現在、楽天株式会社、株式会社マーベラス、株式会社ノジマの社外取締役、立命館大学経営大学院客員教授、電気通信大学特別客員教授に就任。
阿部拓貴 氏 GameWith CDO/デザイン・クリエイティブ責任者
略歴
GameWith Designer/Director 2013-09 - 日本デザイナー学院 講師 2014-04 - 2015-04 mixi ミクシィ Designer 2011-07 - 2013-09 広告系のデザイン事務所 Designer 2008-04 - 2011-06
経歴
情報なし
丸岡吉人 氏 エルテス 取締役
略歴
1984年4月 ㈱電通入社 2012年4月 同社iPR局長 2014年7月 同社マーケティングソリューション局長 2016年1月 同社デジタルマーケティングセンター長 2016年7月 ㈱電通デジタル代表取締役社長(兼)チーフオペレーティングオフィサー 2017年3月 ㈱電通電通総研所長 2018年4月 跡見学園女子大学マネジメント学部教授(現任) 2018年5月 当社取締役(現任)
経歴
㈱電通入社後、クライアントサービス部門(営業部署、コミュニケーション戦略立案部署)、研究開発部門、ビジネス開発部門を経て、同社デジタルマーケティングセンター長。㈱電通デジタル代表取締役社長(兼)チーフオペレーティングオフィサーを経て、電通総研所長。2018年4月より跡見学園女子大学マネジメント学部 教授(マーケティング、消費者行動)。2018年5月取締役就任。
小林宏 氏 イノフィス 取締役,CTO/VPoE
略歴
情報なし
経歴
東京理科大学博士課程修了、博士(工学)。 1996年、日本学術振興会海外特別研究員としてチューリッヒ大学に派遣されたのち、1998年、東京理科大学工学部第一部機械工学科で講師、1999年同助教授、2008年同教授(現在)。 2013年に株式会社イノフィスを創業。取締役CTO。
杉野幹人 氏 NewsPicks 教員/教授
略歴
取締役副社長 CSO(Chief Strategy Officer)
経歴
東京工業大学工学部卒業、INSEAD MBA修了、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。NTTドコモ、A.T. カーニーを経てNewsPicksに参画。東京農工大学の学長付特任教授、A.T. カーニーのCMTアドバイザーも兼業。文部科学省のリカレント教育の事業審査員も務める。著書に「超・箇条書き」(ダイヤモンド社)、「使える経営学」(東洋経済新報社)等
赤松洋介 氏 モイ 代表取締役/CEO
略歴
1996年 株式会社オージス総研入社 1996年 米スタンフォード大学客員研究員 2000年 サイボウズ株式会社入社 2005年 サイドフィード株式会社設立 2012年2月 モイ株式会社創業。代表取締役に就任
経歴
京都大学工学部工学研究科修士課程修了後、株式会社オージス総研に入社。その後、米スタンフォード大学の研究員となる。サイボウズ株式会社に転職後、「サイボウズ Office 6」のプロダクトマネージャーなどを務める。在職中から「MyRSS.jp」や「フィードメーター」を開発して公開。2005年にサイドフィード株式会社を設立し、「あとで読む」や企業向け製品「RSSフィード.cc」などを発表した。2010年2月ライブ配信サービス「ツイキャス(正式名称:TwitCasting)」を公開。2012年2月モイ株式会社を設立し、現在に至る。サイボウズ在職中に公開したサービスが3日で100万アクセスを集め「エンジニアリングの力で世界を変えられるかもしれない」と感じたことが起業のきっかけ。
山﨑尊彦 氏 ステムリム 取締役,COO/副社長
略歴
2002年弘前大学医学部生化学第2講座助手、 2003年大阪大学大学院医学研究科遺伝子治療学産学官連携研究員等を歴任。 2007年4月当社取締役、 2010年4月当社代表取締役社長、 2018年4月当社取締役、 2019年1月より現任。
経歴
加藤浩晃 氏 アイリス 取締役
略歴
1981年生:浜松医科大学 医学部卒業 2007 年4月 第 101 回医師国家試験合格 2007 年4月 京都府立医科大学附属病院入職 2010 年6月 バプテスト眼科クリニック入職 2013 年4月 京都府立医科大学大学院視覚機能再生外科学 2015 年4月 京都大学医学教育プログラム教員 2016 年4月 厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室室長補佐 2017 年5月 京都府立医科大学眼科学教室特任助教 デジタルハリウッド大学大学院客員教授(現任) 2017 年6月 MRT 株式会社非常勤取締役(現任) 2018 年4月 アイリス株式会社取締役 2019 年2月 千葉大学メドテックリンクセンター客員准教授(現任) 2019 年4月 アイリス株式会社取締役副社長(現任) 東京医科歯科大学医学部臨床准教授(現任) 2019年9月 株式会社メディカルネット 取締役
経歴
平松ようすけ 氏 坂ノ途中 取締役
略歴
経歴
奈良県生まれ。代表の小野とは高校の同級生。自身のアトピー性皮膚炎との戦いから、食への強い関心を持ちながら育つ。大阪教育大学を卒業後、幼稚園教諭として働く中で、子どもたちのアレルギーや偏食に危機感を持つ。何か自分でアクションを起こせないかとぼんやりと思っている時に、小野に事業ビジョンを解説され共感。坂ノ途中の立ち上げに加わる。車の運転大好き。
落合陽一 氏 ピクシーダストテクノロジーズ 代表取締役/CEO
略歴
経歴
1987年生まれ。2015年東京大学学際情報学府博士課程修了(学際情報学府 初の短縮終了)。日本学術振興会特別研究員DC1、米国Microsoft Research でのResearch Internなどを経て,2015年から筑波大学図書館情報メディア 系助教デジタルネイチャー研究室主宰。2017年からPDTと筑波大学の特別 共同研究事業「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」基盤長/准教授。筑 波大学学長補佐。 専門は、CG、HCI、VR、視・聴・触覚提示法、デジタルファブリケー ション、自動運転や身体制御。研究論文は、当該分野の最難関国際会議で あるACM SIGGRAPHやACM UIST、CHIなどに採択されています。 受賞歴多数。2015年、28歳で米国WTN*よりWorld Technology Award 2015(IT Hardware)を受賞。日本人受賞者としては2014年にノーベル物 理学賞を受賞した中村修二氏に続き二人目。また、半導体技術の大規模カ ンファレンスであるSEMICON Japanでは、40年の歴史の中で史上最年少で 基調講演を務めています。
星貴之 氏 ピクシーダストテクノロジーズ 研究開発部長/管掌
略歴
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 CTO 2016年4月 - 2017年9月  東京大学 助教 2011年4月 - 2016年3月  名古屋工業大学事務局 特任教員 2008年4月 - 2009年3月  東京大学大学院情報理工学系研究科 日本学術振興会特別研究員 2009年4月 - 2011年3月  熊本大学大学院自然科学研究科 助教
経歴
1980年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(情報理工学)。日本学術振興会特別研究員DC2/PD、熊本大学助教、名古屋工業大学特任教員(テニュア・トラック助教)、東京大学助教を経て、オープンイノベーションを促進するため、2017年ピクシーダストテクノロジーズ株式会社に参画(CTO)、2018年CRO就任。 物理と数理を駆使する、波動制御技術の専門家。 2008年に世界初の超音波による空中非接触触覚提示装置の開発に従事。超音波技術の研究開発と応用探索に取り組み続け、非接触触覚、三次元音響浮遊、人工授粉、創傷治癒、発毛促進など超音波技術の新たな地平を切り拓く。文部科学省NISTEP「科学技術への顕著な貢献」(2014年度)ほか、受賞多数。
武田一哉 氏 ティアフォー 代表取締役/CEO
略歴
1985年KDD(国際電信電話 現KDDI)入社。 1990年KDD研究所復職。 1995年名古屋大学工学研究科助教授を務める。 2003年 情報科学研究科教授を務める。 現在ティアフォー代表取締役社長を務める。
経歴
Darrell J. Irvine 氏 Strand Therapeutics 取締役
略歴
マサチューセッツ工科大学免疫療法材料科学教授 MITでStrandの技術を共同開発
経歴
Ron Weiss 氏 Strand Therapeutics 取締役
略歴
マサチューセッツ工科大学の合成生物学教授 MITでStrandの技術を共同開発
経歴
宮本悦子 氏 FuturedMe 取締役
略歴
経歴
東京理科大学理学部化学科を卒業後、日本IBM大和研究所、東芝情報通信研究所に勤務。1995年より、三菱生命科学研究所に在籍中に、1997年から2年間、米国カーネギーメロン大学に留学。2000年に横浜国立大学大学院工学研究科博士課程後期修了後、慶應義塾大学理工学研究科にて文科省振興調整費やゲノムネットワークプロジェクトに参加。2011年より東京大学医科学研究所 インタラクトーム医科学社会連携部門 部門長、2014年10月より東京理科大学生命医科学研究所を経て、2019年4月より現職、東京理科大学総合研究院 宮本分子医科学研究室 教授。2018年6月に株式会社FuturedMeを設立し、取締役へ就任。
小林祥泰 氏 PuREC 取締役
略歴
昭和 47 年 3 月 慶應義塾大学医学部卒業 昭和 47 年 5 月 北里大学病院内科病棟医 昭和 52 年 4 月 北里大学医学部助手(田崎内科) 昭和 54 年 4 月 北里大学医学部内科講師(神経内科学) 昭和 55 年 4 月 島根医科大学附属病院第3内科講師 平成 5 年 11 月 島根医科大学内科学講座第三・教授 平成 17 年 4 月 国立大学法人島根大学医学部附属病院長 平成 18 年 4 月 島根大学理事(医療担当) 平成 24 年 4 月 — 同 27 年 3 月 島根大学学長 平成 27 年 4 月 島根大学名誉教授、医学部特任教授、耕雲堂小林病院名誉院長 平成 27 年 4 月 済生会江津総合病院顧問 平成 28 年 1 月 島根大学発ベンチャーPuREC 株式会社取締役社長
経歴
松崎有未 氏 PuREC 取締役
略歴
1981年 3月 栃木県立日光高等学校 卒業 1985年 3月 筑波大学 第1学自然学類 卒業 1994年 3月 筑波大学 医学専門学群 卒業 1997年 3月 筑波大学 医学研究科 博士課程 修了 1995年 4月 日本学術振興会 特別研究員DC1(筑波大学大学院医学研究科) 1997年 4月 日本学術振興会 特別研究員PD(筑波大学大学院医学研究科) 1998年 3月 ハーバード大学 医学部 小児病院 ハワードヒューズ研究員 1999年 4月 ハーバード大学 医学部 小児病院 研究指導員 2001年 9月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 助手 2004年 4月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 特別研究助教授 2006年 4月 慶應義塾大学 医学部 総合医科学研究センター 特任准教授 2010年 4月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 特任准教授 2012年 8月 東京医科大学 医学総合研究所 兼任教授 2013年 4月 東京医科大学 医学総合研究所 准教授 2014年 4月 島根大学 医学部 生命科学講座 腫瘍生物学 教授 2016年 4月 島根大学 医学部 生命科学講座 教授 (講座改変に伴う名称変更)
経歴
995年 4月 日本学術振興会 特別研究員DC1(筑波大学大学院医学研究科)1997年 4月 日本学術振興会 特別研究員PD(筑波大学大学院医学研究科)1998年 3月 ハーバード大学 医学部 小児病院 ハワードヒューズ研究員1999年 4月 ハーバード大学 医学部 小児病院 研究指導員2001年 9月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 助手2004年 4月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 特別研究助教授2006年 4月 慶應義塾大学 医学部 総合医科学研究センター 特任准教授2010年 4月 慶應義塾大学 医学部 生理学教室 特任准教授2012年 8月 東京医科大学 医学総合研究所 兼任教授2013年 4月 東京医科大学 医学総合研究所 准教授2014年 4月 島根大学 医学部 生命科学講座 腫瘍生物学 教授2016年 4月 島根大学 医学部 生命科学講座 教授
吉田博一 氏 エリーパワー 代表取締役/CEO
略歴
略歴 1961年 慶応大卒 住友銀行入行 1996年 同行副頭取 1997年 住銀リース株式会社 取締役社長 2001年 同社代表取締役会長兼社長 2002年 同社特別顧問 2003年 慶応大学政策メディア研究科教授 2006年 エリーパワー株式会社を創業
経歴
住友銀行(現三井住友銀行)副頭取、三井住友銀リース社長・会長を歴任 慶應義塾大学大学院教授(2008年3月まで)
河上清源 氏 エリーパワー COO/副社長,執行役員,CTO/VPoE
略歴
経歴
慶應義塾大学大学院助手、講師を経て、現在。約10年間電気自動車の開発に従事し、2003年に慶応大学が中心となって開発した8輪駆動の電気自動車「エリーカ」の設計を担当。主に駆動システム、制御システムの開発に従事。2004年に大型リチウムイオン電池の実用化と普及をめざして発足した慶応大学と民間12社から成る産学連携プロジェクトに従事した。当時研究代表を務めていた吉田博一教授に誘われ、2006年9月にエリーパワー株式会社の創業に携わる。創業以来、リチウムイオン電池及び蓄電システム製品の開発を担当。2008年に同社取締役に就任、2011年に慶應義塾大学を退職、2015年に現役職の代表取締役専務執行役員に就任。
杉本哲哉 氏 グライダーアソシエイツ/antenna 教員/教授
略歴
1992年 リクルート入社 2000年 リクルートを退社し、インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)を行なう株式会社マクロミルを設立。代表取締役社長に就任 2004年 東証マザーズへ上場を果たす。同年、創業・ベンチャー国民フォーラム主催 Japan Venture Award 2004 起業家部門で「中小企業庁長官表彰」受賞 2005年 東証一部へ市場変更。代表取締役会長に就任。同年、「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー JAPAN 2005 日本代表」を受賞 2006年 9月 取締役ファウンダーに就任 2008年 4月 経済同友会 幹事に就任、消費問題委員会 副委員長を務めた 2009年 4月 法政大学ビジネススクール(大学院)客員教授に就任し、イノベーション・マネジメント研究科にて教鞭をとった 2009年 7月 株式会社マクロミルの代表取締役会長兼社長に復帰 2012年 2月 株式会社グライダーアソシエイツを設立し、代表取締役社長に就任(現任) 2013年 12月 ベインキャピタルのTOB提案を受け入れ、2014年4月株式会社マクロミルは株式非公開化、2014年7月委員会設置会社への移行に伴い、取締役会長に 2015年 3月 株式会社マクロミル取締役会長を退任 2018年 4月 事業構想大学院大学 客員教授に就任(現任)
経歴
1992年早稲田大学社会科学部卒業後、リクルートへ入社。就職情報誌営業部、財務部、新規事業開発室、デジタルメディア事業部門などを経て、2000年にマクロミルを設立、代表取締役社長に就任。04年、東証マザーズ上場を果たし、その翌年には東証一部へ市場変更。05年代表取締役会長、06年取締役ファウンダーの後、09年代表取締役会長兼社長に復帰。12年にキュレーションアプリ「antenna*(アンテナ)」を手掛けるグライダーアソシエイツを設立し、代表取締役社長を務める。
荒木博行 氏 フライヤー 取締役,COO/副社長
略歴
取締役 COO
経歴
1998年慶應義塾大学法学部卒業。住友商事を経て2003年株式会社グロービス入社。グロービス経営大学院にて副研究科長として戦略系、思考系のクラスの教壇に立つと共に、オンラインMBAの設立に貢献する。2018年、グロービスを退社し、株式会社学びデザインを設立。代表取締役社長に就任する。2018年よりフライヤーの社外アドバイザーに就任し、2019年より経営に参画する。音声メディアVoicyにて「荒木博行のbook cafe」という番組を持ち、毎朝書籍を紹介する。 https://voicy.jp/channel/794 主な著書に『見るだけでわかる ビジネス書図鑑』(ディスカヴァートウェンティワン)、『ストーリーで学ぶ戦略思考入門』(ダイヤモンド)など。
[PR]

上場企業・有名ベンチャーCxO,役員の実データに基づき、キャリアパスのパターンを分析